市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 地下1階躯体の構築が開始される 東町筋には麻布テーラーが移転



完成までいよいよ1年を切った市役所2号館跡敷地南側で建設中の連絡ロビー・エネルギー施設。地下躯体工事が進められていますが、もう佳境に入ってきたようです。

プロジェクト概要

(仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事



所在地 神戸市中央区加納町6-5-1
事業主 神戸市都市計画局
敷地面積 9,512.87平方メートル
建築面積 973.93平方メートル
延床面積 4,579.32平方メートル
高さ 49.28メートル
構造 鉄骨造/鉄筋コンクリート造
階数 地上8階/地下1階
用途 事務所・機械室
設計 神戸市都市局都心三宮再整備課
施工 明和工務店・関建工業JV
工事予定期間 2021年12月~2024年1月







現在の様子



頑強なシートパイルに囲まれた内部で進行中のコンクリート造の地下躯体構築工事。いよいよ地下1階部分のコンクリート打設が開始されています。



地下1階の壁や柱の配筋、型枠の組み立てが進みます。



連絡ロビーとして垂直動線が構築されている様子が見て取れます。



地下1階は三宮駅からさんちかを介して南下してくる歩行者通路と接続する予定です。そしてエスカレーターを経由して、1-3階へと誘い、周辺庁舎へと連絡するハブとしての役割を果たします。



そしてその上に庁舎群を下支えするエネルギーセンターを配置。なかなかよく練られたプランだと思います。ウォーターフロントと異なり、三宮の再開発は土地が無い為、連鎖型開発によってパズルのピースを一つずつ動かしていかないと前進しません。



地下1階の構築が終わり、地上1階の床が完成するといよいよ鉄骨建方が開始されます。3月上旬位から始められるものと思われます。鉄骨工事が開始されると、一気に景観は変化する事でしょう。



この市役所2号館跡地と東町筋を挟んで立つオフィスビル「井門神戸ビル」の1階は中国銀行の退店後、空きテナントの状態が継続していましたが、出店が決まったようです。

2月3日(金)にオープンするのは「azabu tailor(麻布テーラー) 神戸店」。テーラーメイドのスーツを提供する同店が三宮町のラム三宮ビルが路面店として移転開業します。



東町筋は今後、東遊園地の再整備、2号館跡地の再開発に伴って、賑わいのある通りに変化していく事になります。

関連記事
市庁舎建て替え計画

神戸市役所本庁舎2号館再整備基本計画(改定案)が示される 意見を募集中 完成時期は2027年度にずれ込み

2021年7月2日
こべるん ~変化していく神戸~
解体工事が進む神戸市役所本庁舎2号館。10月末までに地上躯体の撤去が完了する予定です。しかしながらまだ跡地の新庁舎について具体的な計 …
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 切梁構築完了・杭頭処理が進行中

2022年9月27日
こべるん ~変化していく神戸~
  神戸市役所本庁舎2号館跡地の南側で、建設予定の新庁舎とオフィス、ホテルの複合開発に先駆けて、各庁舎の中央に位置する連絡ロビーとエネルギ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です