芦屋

地域探訪・芦屋 JR芦屋駅リニューアル 二期工事がスタート 既存駅舎も解体中



第一期のリニューアルが完了し、供用が開始されたJR芦屋駅。南口にシンボリックな駅舎が誕生し、新たな芦屋の玄関口としての風格を備えました。現在は第二期部分の完成を目指して、駅舎内外で次段階の工事が進められています。

JR芦屋駅改良工事



事業者 西日本旅客鉄道
所在地 芦屋市船戸町1119-1他
敷地面積 22,043.55㎡(全体)
建築面積 1,384.34㎡
延床面積 1,393.55㎡
規模 地上3階
建物高さ 14.961m
構造 鉄骨造
用途 駅舎 店舗
設計 西日本旅客鉄道 一級建築士事務所
施工 大鉄工業
完成予定 2024年3月31日

リニューアルの内容
  • エスカレーター新設(各ホームに上下1基ずつ計4基、北口・南口へ上下1基ずつ計4基)
  • 南口エレベーター移転(増築駅舎内へ新設)
  • 駅コンコース改修(増築駅舎内には幅員約6mのコンコースを新設)
  • トイレの拡張および改修
  • みどりの窓口、改札の移転および改修
  • 店舗開発






新駅舎は更に西側に建物を拡大しています。公開されていた完成予想パースにはこの部分が描かれていたものが無いので、どのようなデザインでどんな用途が与えられるのか不明です。



階段横に建設されています。新たに増設される店舗棟でしょうか。エキナカには必須である飲食店は今のところ駅舎内に出店していません。1階がコンビニ、2階がカフェという予想を立ててみました。



新駅舎が完成した為、東側の既存駅舎は解体が開始されています。



既に階段は撤去されて橋上駅のみが残されています。



既存駅舎はどこまでを解体対象にしているのでしょうか。



ホーム側から見た解体中の旧駅舎です。頭上の橋上部も撤去されるものと思われます。



駅舎内の様子はまだあまり変化はありません。改札外コンコースの待合室や新たな店舗区画はまだ仮囲いの中です。



エスカレーターが供用開始されているコンコース北側は天井内の改修が進行中です。



天井改修は駅ビルモンテメール前までに至りました。既に外装済みのモンテメール部分を含めて駅舎全体が刷新される事になります。



三ノ宮駅の新駅ビル建設時に期待しているのが、同時に行われる駅舎のリニューアルです。天井耐震化工事で美装化は進みましたが、床や一部のエリア、ホーム、西口等はまだ手付かずの部分を多く残しています。芦屋駅のような駅舎の全面改修を望みます。



改札内のトイレが完成すると、改札外の仮設トイレが撤去でき、店舗区画の内装工事に入れるという段取りです。



芦屋駅の照明温度はこれまでのJR駅舎とは異なり、色温度を下げた暖色に統一しています。どちらかと言えばこれまでのJR駅舎内は明るい白の照明、モノトーンの内装という組み合わせでした。芦屋駅はどちらかと言えば、阪急に近い雰囲気です。



上りホームにもエスカレーターの設置工事が進められており、階段は登りと下りの専用に分けられています。



ただ芦屋駅は駅舎はリニューアルされますが、ホームには手を付けないようです。せめて駅名看板は最新のものに刷新して欲しいですね。



芦屋駅のリニューアル工事は順調です。この新駅舎と接続する歩行者デッキとその先の再開発ビルはようやく議会の承認を得られて始動する事になりました。



まだ駅前では具体的な動きはありません。


しかしながら、駅舎に今後の芦屋駅前を示すイメージ図が掲示されました。今後、劇的に変化する予定の芦屋駅南側です。

関連記事
芦屋

地域探訪:芦屋・JR芦屋駅改良工事 第II期リニューアルは3月22日(水)を予定 駅舎南側エスカレーターの設置工事も進む

2023年3月6日
こべるん ~変化していく神戸~
駅舎改良工事が進められているJR芦屋駅のリニューアルは官民連携で行っているプロジェクトです。新快速電車の停車駅にも関わらず、改良工事 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です