三宮

加納町3丁目プロジェクト TAKAI B.L.D新築工事 デザイン協議が成立 今回もカーテンウォールをファサードに採用した設計



加納町交差点付近で老朽化した第一田村ビルの撤去が完了し、更地となりました。跡地には高井商事が新たなビルの建設を計画しています。

プロジェクト概要

加納町3丁目 TAKAI B.L.D 新築工事
事業者 高井商事株式会社
所在地 神戸市中央区加納町3丁目
敷地面積 130㎡
建築面積 117㎡
延床面積 964㎡
規模 地上10階
用途 共同住宅(65戸) 店舗 駐車場
構造 鉄骨造
設計者 株式会社エヌ・エイチ・ケイ日本ハウス神戸
施工者
竣工予定


高井商事がこの交差点に面して建設した布引町TAKAI B.L.Dは最上階に高井商事の本社が入居しているガラスカーテンウォールを曲面に採用したデザイン性の高いビルで、エヌ・エイチ・ケイ 日本ハウス神戸が設計を担当しました。または新神戸駅近くの熊内町に誕生したTAKAI B.L.Dもこの二社が組んだプロジェクトであり、加納町3丁目 TAKAI B.L.Dはこのコンビが手掛ける第三弾の計画となります。



今回のTAKAI B.L.Dもファサード全面にカーテンウォールを採用し、まるでオフィスビルのような外観を纏った建物になります。1階は店舗となるので、街の賑わい創出にも一役買います。この建物の出現で加納町交差点の更なる高質化が進められる事になるでしょう。この交差点を巡って布引ビルの解体が開始されており、歩道橋の再編による改良工事も行われる予定です。高井商事は新築ビル以外にも三宮北側エリアの既存テナントビルをコンクリート打ちっ放しの外装にリノベーションする手法で保有物件を増やしています。いつか同社の手掛けた純粋な新築オフィスビルも見てみたいものですね。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. kkbb より:

    各TAKAIビルは今後のホテル、マンションビルのモデルになって欲しいですね。
    ついでの話題で申し訳ないですが、北野坂のスヌーピーのPEANUTS HOTELですが、何とかならんですかね?
    あの昭和の雑居ビルの外観とファサードに目障りな大きな電柱電線があって表通りに面してもいない最悪の立地。
    コロ禍なのに、あれで宿泊客の稼働は悪くなさそうなんで表通りで立地が良くもっとハイセンスな建物になれば、さらに稼働は凄まじいものになると思います。
    ポトマックの実力考えれば、このホテルのままだとは思えないんですがね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です