JR三ノ宮新駅ビル

(仮称)JR三ノ宮新駅ビル開発の準備工事 駅前広場内に出現した工事設備 中央幹線沿いにも工事は拡大



JR三ノ宮駅ビル開発の準備工事として、まだ地下に眠る三宮ターミナルビルの地下階や地下駐車場の解体撤去が進むJR三ノ宮駅前南側。暫定広場として活用されてきたエリアは6月に仮囲いが設置され、内部に現場事務所がされて以降は特に大きな動きはこれまでありませんでした。



しかしここに来て、内部にセメントミルクプラントや安定液プラントが設置されました。安定液プラントは前後で実に8個。



安定液タンクを投入した方が効率は良さそうです。沢山のベントナイトを使用しているようですが、まだ現場には大きな重機の姿は全く見当たりません。



地上部の三宮ターミナルビル以外の建物や構造物はまだそのまま残存しており、特に目立った動きはありません。



以前、地下への入り口が確認出来ていた三宮ターミナルビル跡地の上には、現場事務所が立っています。建物内から地下の解体現場へと直接降りられるようになっているのでしょうか。



三宮ターミナルビルや駅前広場地下の駐車場の解体が行われている模様ですが、ベントナイトを大量に必要としているので、解体を進めながら、崩壊を防ぐ補強の為のコンクリートで、



東側の三宮ターミナルビルの残りの部分を含むエリアについては、まだ仮囲いを設置したままで目立った動きはこちらにもありません。



9月に入りましたので、解体については次の工程に進行していく予定です。ポートライナー三宮駅改札前の階段も閉鎖される予定です。地下に加えて、前述の地上支障物の撤去工事が進んでいくものと思われます。

また三宮クロススクエアの玄関エリアとなる中央幹線とフラワーロードの交差点北側コーナーエリアについても予定通り歩道部の改修が始まりました。仮囲いエリアが拡大するので、車道の一部歩道化も進められていくものと思われます。

中央幹線の車道本線切り替え工事も進行しています。更に次の工程移行は11月に予定されていますが、これまでどちらかと言えば、前倒し気味に準備工事が進んでいますので、広場の南側にあるフラワーロード北側の歩道閉鎖も早いタイミングで行われるかもしれません。駅前動線が段々と不便になってきますが、これは将来の大きな変化の為なので、我慢するのみですね。恐らく駅前広場や歩道、歩行者デッキの一部は駅ビル完成よりも早く供用が開始されるのではないでしょうか。
関連記事
JR三ノ宮新駅ビル

Street Table (ストリートテーブル)三ノ宮オープン JR三ノ宮駅前広場に音楽とグルメのアウトドアホール誕生

2020年12月21日
こべるん ~変化していく神戸~
JR三ノ宮駅前の三宮ターミナルビル解体跡地一部を新駅ビル始動前に暫定利用する方向が示されていましたが、神戸市、JR西日本、神戸新聞で構成 …
JR三ノ宮新駅ビル

三宮駅歩行者デッキ設計競技(コンペ)審査の結果が発表される! 中央復建コンサルタンツ/安井建築設計事務所/ジェイアール西日本コンサルタンツが最優秀作品を獲得

2021年6月2日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は昨年10月に「新たな神戸の玄関口にふさわしい上質で洗練された空間をつなぐ歩行者デッキ」をテーマとした三宮駅周辺の歩行者デッキ …

POSTED COMMENT

  1. KRT より:

    ところ変わって兵庫県庁はついにただの緑地になっちゃうみたいですね。それも130億円もかけて…。
    能力無し知事を選んじゃうとホントロクなことにならないなぁと実感してしまいます。。

  2. コーベん より:

    建て出したら早いんでしょうけど、もうちょっとスピード感出して欲しいですね!
    同じプロジェクトでも、大阪駅西や広島駅はもう姿見えてますから。

    県庁の緑地化はどうなんでしょうねぇ…
    みなとのもりならまだしも、あんな坂道登ってまで市民、県民が憩いに行くかな?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です