こべるん ~変化していく神戸~
栄町通ホテル

(仮称)神戸市栄町通ホテル計画新築工事 レイアホテル神戸元町 遂に上棟! 年内の竣工なるか!?



元町・乙仲通り初のホテル開業となる予定のレイアホテル神戸元町。今秋のオープンを目指して建設工事が進められてきましたが、まだ完成の目処を立ちません。鉄筋コンクリート造の建物はようやく上棟したようですが、年内の竣工は出来るでしょうか。

名称 レイアホテル神戸元町
所在地 神戸市中央区栄町通3
規模 地上10階
敷地面積 696.65㎡
建築面積 392.60㎡
延床面積 3,317.50㎡
構造 鉄筋コンクリート造
用途 ホテル(111室)
設計 久武正明建築設計事務所
施工 栗本建設工業
kyoshinbuild00.jpg



上棟した同ホテルは周囲の建物から頭一つ飛び抜けて高く目立っています。複雑な形状なので、それに沿って足場の設置や養生ネットが張られています。



乙仲通りからは頭上高く見上げてしまいます。早くネットが取り払われた様子を見てみたいものです。外装材や色調によって印象が恐らく大きく変わる事でしょう。



通常であればホテルの公式ウェブサイトに新ホテルに関する情報が上がる頃ですが、未だにレイアホテルからの発表はありません。事業主の共進ビルドからも特にリリース等もありません。工事は着実に進んでいるので、ホテルが開業するのは間違いないでしょう。来年2月位に開業はズレ込むかもしれませんね。



乙仲通りは比較的、昭和レトロの建物が多くひしめきます。従って最近は建て替えも顕著です。殆どの建物は店舗付き共同住宅に建て替わります。また新たな昭和ビルの解体が始まりました。オフィス需要は高まりつつありますが、それは三宮エリアを中心とした好立地地区に限定されています。ただ高機能オフィス街は三宮に任せて、乙仲通りは商住混在の独自の発展を今後も遂げていって欲しいと思います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。