神戸アリーナ

(仮称)神戸アリーナプロジェクト 更に鉄骨工事が進んだウォーターフロントの新ランドマーク



鉄骨建方が順調に進行している(仮称)神戸アリーナプロジェクト。建物全体の鉄骨が立ち上がっており、日に日にその存在感は大きく成長しています。



かなりのスケール感が生まれてきました。ランドマーク性も出てきています。新港町の親水エリアを訪れる人々の視線を釘付けにしているようです。



ほぼほぼ現在の長さが、アリーナのメインの部分の全長です。



アリーナの建設は順調に進んでいますが、目の前の水域については、未だに整備を進める気配がありません。突堤間に整備される新たな防波堤についても着工する気配がありません。



アリーナの下層階からプレキャストコンクリートの外壁取り付けが開始されています。



ひとまず横へと水平展開してきた鉄骨工事。今後は更に上へと成長する模様です。



水域の整備開始は、アリーナの建設に一定度の目処が付いてからになるのかもしれません。建設資材等の運搬に船が活用されているようです。

水域の整備が進むと、域内の水深も下がる可能性があります。



対岸のメリケンパークから遠望する神戸アリーナ。その大きさによってかなり目立つ存在になってきました。

関連記事
神戸アリーナ

新港第2突堤再開発・One Bright KOBE が「港湾環境整備計画」の国内初認定 突堤先端緑地に集客施設を整備 アリーナ名も正式決定!

2024年2月9日
こべるん ~変化していく神戸~
新港第2突堤の再開発がNTT都市開発、NTTドコモ、スマートバリューによって進められており、神戸アリーナの建設が順調に行われています …
神戸アリーナ

ジーライオン神戸アリーナ 水域先端の防波堤海上部分の構築も開始される!1万人規模の抱える落とし穴と起死回生プランとは?

2024年3月12日
こべるん ~変化していく神戸~
新港第2突堤で順調に建設工事が進んでいるジーライオンアリーナ神戸。次世代の神戸ウォーターフロントの要になり得る施設として大きな期待が …
神戸アリーナ

新港第2突堤再開発事業 優先交渉権者決定!NTT都市開発等が1万人超規模のアリーナを建設!ウォーターフロント・神戸の起死回生起爆剤になるか!?

2021年3月26日
こべるん ~変化していく神戸~
ビッグニュースが飛び込んできました!!神戸市は昨秋より公募を開始した新港第2突堤再開発事業の優先交渉権者にNTT都市開発を代表企業と …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です