大和証券神戸ビル建替

(仮称)大和証券神戸ビル新築工事 長らく続く解体工事 新築工事はいつ始まる?



神戸市が設立したオフィスビル建設促進制度の第1号認定を受けた大和証券神戸ビル。旧大和証券神戸ビルの規模を拡大した新築オフィスビルへと建て替えるプロジェクトが進行中です。前回、この計画について取り上げたのが昨年12月ですので、半年ぶりに記事を書く事になりました。

プロジェクト概要

(仮称)大和証券神戸ビル新築工事





所在地 神戸市中央区三宮町1-2
事業者 大和証券ファシリティーズ
敷地面積 約652㎡
建築面積 約555m2
延床面積 約5,939 m2
階数 地上10階 地下1階
用途 オフィス 店舗
建物⾼さ 44.9m
構造 鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
設計者 前田建設工業
施工者 前田建設工業
竣工予定 2023年11月



半年ぶりとなった理由は、仮囲いの外からだと殆ど工事の進捗が見えない状態に置かれているからに他なりません。新港町のツインタワーマンションであるベイシティタワーズ神戸の施工も手掛ける前田建設工業が丁度1年前に既存建物の解体に着手しました。



しかし1年経過してもまだ新築建物の躯体工事が進められている気配はありません。ただこれまで長らく投入されていた掘削機が姿を消しました。



現在の作業内容は地下躯体解体工事とされています。まだ現段階でも解体工事である事に驚きます。余程の難工事なのでしょうか。一体、この地下には何があったのでしょう。



確かに着工した際も、新築建物の竣工が2023年11月である事に目を疑いました。1年間違いなのではないかとも思いましたが、この規模の建物の解体工事に1年以上を要するとは想像していませんでした。



既に隣接して建設されていたダイワロイネットホテル三宮中央通りや関電不動産神戸三宮ビルは竣工・稼働していますが、現状は双方とも店舗区画やオフィスフロアの空室を抱えたままです。大和証券神戸ビルが竣工を迎える1.5年後の景況が大幅に改善されている事を期待したいと思います。

関連記事
大和証券神戸ビル建替

(仮称)大和証券神戸ビルが神戸市のオフィスビル建設促進制度第1号に認定される 新制度は更なる民間オフィス開発を誘発するか

2021年12月18日
こべるん ~変化していく神戸~
大和証券ファシリティーズ株式会社が三宮町1丁目で建て替え中の大和証券神戸ビルについて、神戸市はオフィスビル建設促進制度第1号認定を行 …
大和証券神戸ビル建替

(仮称)大和証券神戸ビル新築工事 既存ビルを10階建てのビルに建て替えへ 三宮中央通り四大プロジェクト

2021年4月28日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮町1丁目の大和証券神戸ビルから完成したばかりの神戸三宮阪急ビルの2階及び5-6階に移転した大和証券神戸支店。昨夏には既存ビルの敷 …
大和証券神戸ビル建替

(仮称)大和証券神戸ビル新築工事に伴う解体工事が開始される!10階建ての新築オフィスビルへ建替

2021年6月15日
こべるん ~変化していく神戸~
大和証券神戸支店の神戸三宮阪急ビルへの移転に伴って閉館した大和証券神戸ビル。建物を保有する大和ファシリーズは既存ビルを解体し、新たに …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です