大和証券神戸ビル建替

(仮称)大和証券神戸ビル新築工事 鉄骨建方の進捗状況をレポート アール部出現



今年11月の完成を目指して、前田建設工業の施工で建設の進む大和証券神戸ビル。前週から遂に鉄骨建方が開始された模様をお伝えしていましたが、工事は更に進捗してきました。

プロジェクト概要

(仮称)大和証券神戸ビル新築工事





所在地 神戸市中央区三宮町1-2
事業者 大和証券ファシリティーズ
敷地面積 約652㎡
建築面積 約555m2
延床面積 約5,939 m2
階数 地上10階 地下1階
用途 オフィス 店舗
建物⾼さ 44.9m
構造 鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
設計者 前田建設工業
施工者 前田建設工業
竣工予定 2023年11月



建設状況の様子



前回の取材では東側の低層部のみの鉄骨が組み立てられた状態でしたが、今回は西側のコーナーエリアも含み、鉄骨が組み上がってきました。



西側の鉄骨の梁がアールを描き始めています。



京町筋を挟んで向かいで外壁改修を行なっているみなと銀行本店ビルとアール部を対面させる事になります。東隣のダイワロイネットホテルは歩道に対して3階より上のフロアをセットバックしていますが、大和証券神戸ビルは歩道から直接、立面しています。



この交差点はコーナー部にアールのデザインを採用した建物が多く立ちます。



大和証券神戸ビルは、みなと銀行本店ビル同様に京町線に面した両コーナーにアールを採用しています。



南側の一部の鉄骨の柱は既に最上層である10階にまで達しているようです。



この建物は2-10階については、1フロアを3つの区画に区切ってテナントを募っています。



南面の最上部の表面には軽量鉄骨のフレームが取り付けられています。



鉄骨工事は月内には完了するものと思われます。関電不動産神戸三宮ビルのオフィス階を1フロア・1テナントに絞った事で誘致に苦戦してきた事を参考にしてか、フロアを区切る事でテナントを埋める戦略ですが、11月の竣工までにどこまで空室率を下げられるか。誘致に苦戦すると、以降の新オフィスビル計画にも支障が出かねませんので、満室での稼働開始を目指して欲しいと思います。
関連記事
大和証券神戸ビル建替

(仮称)大和証券神戸ビル新築工事に伴う解体工事が開始される!10階建ての新築オフィスビルへ建替

2021年6月15日
こべるん ~変化していく神戸~
大和証券神戸支店の神戸三宮阪急ビルへの移転に伴って閉館した大和証券神戸ビル。建物を保有する大和ファシリーズは既存ビルを解体し、新たに …
大和証券神戸ビル建替

(仮称)大和証券神戸ビル新築工事 建物デザインに軽微な変更が生じる 1階テナントは高級ブランドのブティックが決定済?

2023年5月23日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮中央通りと生田筋の交差点で建設中のオフィスビルである大和証券神戸ビル。大和証券は現在、一等地に保有する自社ビルを次々と建て替えて …
大和証券神戸ビル建替

(仮称)大和証券神戸ビル新築工事 大和神戸ビルの外観が遂に現る!風格ある都心景観創出に貢献

2023年10月30日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮中央通りにおける三大開発プロジェクトの締め括りとなる大和証券神戸ビルの建て替え工事。大和証券神戸支店が、新築の神戸三宮阪急ビルへ …
大和証券神戸ビル建替

(仮称)大和証券神戸ビル新築工事 大和神戸ビル竣工目前 初のオフィスビル建設促進制度活用物件の完成

2023年12月1日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮中央通りで建設工事が進めれたきた大和証券神戸ビルの建て替えプロジェクト。10月末には建物全体を覆っていた足場が撤去され、カーテン …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です