関電不動産三宮1丁目計画

(仮称)三宮町1丁目プロジェクト 鉄骨工事と躯体工事が進行中



三宮中央通り四大プロジェクトである関電不動産開発の計画するオフィスビルプロジェクト。新規オフィス床の供給が長期に渡って滞りがちだった神戸では今年に入り、神戸三宮阪急ビルやGLION Aw-as Building等、新しいオフィスビルの完成が相次いでいます。来年以降もこの三宮町1丁目オフィス計画や大和証券神戸ビルの建替えが控えており、短期期に集中して複数のオフィスビルが完成するのは2005-2006年のミント神戸、明治生命神戸ビル、神戸フコク生命海岸通ビルの供給以来です。

プロジェクト概要

(仮称)三宮町一丁目オフィス



敷地面積 1,007.62平方メートル
建築面積 829.02平方メートル
延床面積 8,406.54平方メートル
高さ 56.1メートル
構造 鉄骨造
階数 地上12階
用途 事務所(3-12階) 店舗(1-2階 5区画)
設計 高松建設
施工 高松建設
竣工予定 2022年2月









建設状況の様子



鉄骨建方と躯体工事が進む現場。7階までの鉄骨が組み立てられました。床のベースとなるデッキプレートの取り付けも進められています。



鉄骨がL字型に立ち上がっています。しかし実は上空から見ると、現在は変形したT字の形をしている筈です。北側に3階までの高さで三宮本通に面して飛び出している部分があります。



まだ立ち上がっていない敷地東側の鉄骨建方が進むと完全体となります。東西幅の間口は約26mあります。



7階までの鉄骨が組み立てられ、周囲の建物と高さを揃えているように見えます。しかしこれから更に5フロア分の成長を予定しています。



新時代の三宮中央通りを担う新しい建物が通りを挟んで建設されています。右手前の大和証券ビルも年末から解体が開始される予定です。これまで10年以上の長い間、殆ど動きの無かったこのエリアですが、連鎖的に暫定利用地の開発が進み始めた三宮中央通りです。この地下を通る地下道のリニューアルも予定されていますが、この計画については後日取り上げます。
関連記事
関電不動産三宮1丁目計画

(仮称)三宮町1丁目オフィス 関電不動産神戸三宮ビル 最上層の鉄骨工事が進行中 新ランドマークオフィスの誕生 空室率は上昇傾向

2021年8月3日
こべるん ~変化していく神戸~
外観の完成に向けて三宮中央通りで着々と工事の進む関電不動産神戸三宮ビル。建物中央部に残っていた鉄骨の空白部も埋められて、通りに対して …
関電不動産三宮1丁目計画

(仮称)三宮町1丁目オフィス 関電不動産神戸三宮ビルカーテンウォール取付と軀体工事進行中 タワークレーンが増える

2021年10月2日
こべるん ~変化していく神戸~
来年2月竣工と神戸の都心では珍しく2年連続で新築オフィスビル新規供給の役割を務める関電不動産神戸三宮ビル。外装の完成に向けて刻々と工 …
関電不動産三宮1丁目計画

(仮称)三宮町1丁目オフィス 関電不動産開発 鉄骨建方は11階に突入し、上棟の日も近づく

2021年6月22日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮町1丁目の旧播州信用金庫三宮支店跡地で同支店建物解体後にコインパーキングとして長年に渡って暫定利用されてきた土地は保有主が変わってき …

POSTED COMMENT

  1. 摂津国人 より:

    > この地下を通る地下道のリニューアルも予定されていますが、この計画については後日取り上げます。
    この下の地下道は本当に単なる地下道で集客性がないのが残念でしたが、今後はお店ができるのでしょうか。
    地上ではほこみち指定で今後はオープンカフェなどで賑わうでしょうから、地下もそれに合わせてお店ができるといいですね。
    そうなると三宮プラッツも待ち合わせに使う人が出てくるかもしれません。
    併せて、市庁舎に向かう地下道の集客性も検討してくれると、新しくなる東遊園地への回遊性も向上するでしょうね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です