関電不動産三宮1丁目計画

(仮称)三宮町1丁目オフィス 関電不動産神戸三宮ビルカーテンウォール取付と軀体工事が進む



竣工まで半年を切った三宮中央通りの新築オフィスビル計画である関電不動産神戸三宮ビル。この通りでフラワーロードの西側における賃貸オフィスビルの新規供給は2003年の三宮セントラルビルの竣工以来、実に19年ぶりとなります。

プロジェクト概要

(仮称)三宮町一丁目オフィス



敷地面積 1,007.62平方メートル
建築面積 829.02平方メートル
延床面積 8,406.54平方メートル
高さ 56.1メートル
構造 鉄骨造
階数 地上12階
用途 事務所(3-12階) 店舗(1-2階 5区画)
設計 高松建設
施工 高松建設
竣工予定 2022年2月

https://sannomiyacho-1chome-office.jp/
物件公式サイト









建設状況の様子



ファサードにPCカーテンウォールの取り付けが完了しているエリアが拡大しました。



シンプルなデザインですが、飽きの来ないスマートな印象のオフィスビルとなるようです。



最上階の軒の部分の取り付けも終わりました。上層階のデッキプレートも全て取り付けられ、躯体工事が進行しています。



シルバーの軽量鉄骨を使った部分は塔屋かと思われますが、かなり大きめです。右側にジョイントがあるので更に拡大するのでしょうか。現在のタワークレーン撤去の際に設置されるより小さなクレーンで残りの塔屋構築を進めるのかもしれません。



今年、来年、再来年と3年連続で新規オフィスビルの供給が継続する予定です。通常の大都市であれば、一定度の新規オフィスが毎年、供給される事が正常な状態です。長年に渡って硬直していたオフィス市場が再開発によって刺激を受けた事で正常化しつつありますが、問題は持続性があるかどうかです。
関連記事
関電不動産三宮1丁目計画

関電不動産開発 三宮町1丁目プロジェクト新築工事 大企業本社の地方移転は今後主流になるか

2020年9月2日
こべるん ~変化していく神戸~
アースドリル工法による場所打ちコンクリート杭工事が行われていた関電不動産開発の三宮町1丁目プロジェクト。地上12階のオフィスビル建設 …
関電不動産三宮1丁目計画

(仮称)三宮町1丁目オフィス 関電不動産神戸三宮ビル カーテンウォール取付完了 都心低度利用地のオフィス・商業利用の促進に秘策?

2021年11月24日
こべるん ~変化していく神戸~
竣工まで残り3ヶ月に迫った竣工を控えて、建物外観の完成が近づく三宮中央通りの関電不動産神戸三宮ビル。関電不動産開発が神戸の都心で手掛 …
関電不動産三宮1丁目計画

関電不動産開発による三宮1丁目開発

2018年6月12日
こべるん ~変化していく神戸~
関電不動産開発がオフィス開発を目的に取得した三宮1丁目の播州信金三宮支店跡地でコインパーキングだった用地は駐車場が営業を終えて閉鎖中です。簡易的な仮囲いやゲートが設置されており、何 …
関電不動産三宮1丁目計画

(仮称)三宮町1丁目オフィス 関電不動産神戸三宮ビル 最上層の鉄骨工事が進行中 新ランドマークオフィスの誕生 空室率は上昇傾向

2021年8月3日
こべるん ~変化していく神戸~
外観の完成に向けて三宮中央通りで着々と工事の進む関電不動産神戸三宮ビル。建物中央部に残っていた鉄骨の空白部も埋められて、通りに対して …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です