関電不動産三宮1丁目計画

(仮称)三宮町1丁目オフィス 鉄骨工事と躯体工事が更に進行中 最高部は9階に達する



三宮町1丁目の旧播州信用金庫三宮支店跡地で同支店建物解体後にコインパーキングとして長年に渡って暫定利用されてきた土地は保有主が変わってきましたが、最終的には関電不動産開発が取得し開発に乗り出しています。同社は高松建設の設計・施工で地上12階 延床面積8,406.54平方メートルのオフィスビルを建設中です。1-2階には店舗を入れ、3-12階はオフィスフロアとした三宮では希少な最新ビルとなります。

プロジェクト概要

(仮称)三宮町一丁目オフィス



敷地面積 1,007.62平方メートル
建築面積 829.02平方メートル
延床面積 8,406.54平方メートル
高さ 56.1メートル
構造 鉄骨造
階数 地上12階
用途 事務所(3-12階) 店舗(1-2階 5区画)
設計 高松建設
施工 高松建設
竣工予定 2022年2月

https://sannomiyacho-1chome-office.jp/
物件公式サイト









建設状況の様子



鉄骨建方が進行中ですが、ラフテレーンクレーンを置いてある東南の角部を除いて、変形T字型に鉄骨が組み立てられています。



前週までは7階までを組み立て、デッキプレートの設置等を行っていましたが、更に上階の鉄骨建方を再開しました。最高部は現在、9階までに達しており、上棟までは3フロアにまで迫っています。



7階に達した時点では隣接する建物とスカイラインが並んでいましたが、更に2フロアが組み上がった事で頭一つ飛び抜けた形になりました。



徐々に下層階から建物躯体が足場と養生ネットに覆われ始めました。



敷地東側の鉄骨が立ち上がってくると、存在感は更に高まってくるでしょう。カーテンウォールの質感や色調が非常に気になるところですが、モックアップの設置は行われないのでしょうか。



三宮中央通りは東側の高規格化が進んでいますが、西側は低層の建物がひしめいています。今後は西側の再開発や土地の集約を進める必要があります。

関連記事
関電不動産三宮1丁目計画

関電不動産開発 三宮町1丁目プロジェクト新築工事が遂に始動! 2022年1月に新築オフィスビル完成

2020年5月19日
こべるん ~変化していく神戸~
待ちに待った開発計画が遂に動き出しました!関電不動産開発による「三宮町1丁目プロジェクト」が着工に向けて準備工事を開始しました。  …
関電不動産三宮1丁目計画

関電不動産開発 三宮町1丁目プロジェクト新築工事 大企業本社の地方移転は今後主流になるか

2020年9月2日
こべるん ~変化していく神戸~
アースドリル工法による場所打ちコンクリート杭工事が行われていた関電不動産開発の三宮町1丁目プロジェクト。地上12階のオフィスビル建設 …
関電不動産三宮1丁目計画

関電不動産開発 三宮町1丁目プロジェクト新築工事 鉄骨建方開始!いよいよ始まったダブル鉄骨建方!

2021年2月5日
こべるん ~変化していく神戸~
詳細ページ公式ページ タワークレーンの組み立て作業が開始された事を前回お伝えしていた関電不動産開発による三宮町1丁目プロジェクト新築工 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です