ウォーターフロント

(仮称)しおさい公園レストラン新築工事 外構工事が進行中



ポーアイしおさい公園南端で建設中のレストラン・ウエディング・バンケット施設「ラ・ラシャンスKOBE」。建物外観は既に完成し、現在は内装工事や外構工事がメインとなっています。



まるでハンドスキャナーのように空中に飛び出たチャペル。



公園南側には神戸市がしおさい公園初のパーキングを整備しています。



確保されたスペースは9台分。これを多いと見るか少ないと見るか。結婚式が開かれる際、参列者が車で来ると、アルコールが飲めないですし、車での来場はご法度になるのであれば、この台数分でもひとまずは良いのかもしれません。恐らく三ノ宮駅付近からラ・ラシャンスの送迎バスが運行されるでしょう。



何度もくどいように言いますが、一般利用も可能なレストランやカフェも営業が必須です。

神戸の食材や嗜好品等、地産地消をテーマとしたレストランやカフェ等の店舗を出店

これを実施しなければ重大な契約不履行です。必ず一般利用のサービスが提供されるよう神戸市は責任を以って確認と指導を行うべきです。ちなみに平日火曜・水曜は休業日のようです。

出店が決定した際に発表された出店概要は以下です。

<出店概要>

店舗名:未定(平成30年6月中に決定予定)

住所: 神戸市中央区港島1丁目116番地(ポーアイしおさい公園内)

営業内容: レストラン、カフェ等

営業時間:(レストラン)ランチ 11時30分~15時、ディナー 18時~21時(カフェ)11時30分~21時



バンケット前の外構工事が進められています。地中の電気設備や排水設備の設置も順調なようです。



レストラン周辺一帯が整備されています。工期は残り1ヶ月。もし一般利用できないようであれば、新しい「BE KOBE」を目当てにしおさい公園を訪れる人々は、モニュメントを見て写真を撮ったら即、立ち去る事になります。また市が駐車場を整備する理由も意味を成さなくなります。

関連記事
ウォーターフロント

神戸三宮フェリーターミナルに行ってみました

2014年9月28日
こべるん ~変化していく神戸~
新港第三突堤で建設の進められていた神戸三宮フェリーターミナルが9月3日に開業しました。これまで突堤西側にジャンボフェリーの専用ターミナルとして稼働していたターミナルビルに代わって、 …
ポートタワー民営化

神戸ポートタワーリニューアル計画 準備工事として連絡ブリッジの取り壊しを進める予定 6月1日から営業は再開する?

2021年5月26日
こべるん ~変化していく神戸~
2年後の2023年には開業60周年を迎える神戸港のシンボルである神戸ポートタワー。この記念すべき年に向けて開業以来最大の大規模なリニ …
ウォーターフロント

北公園・ポーアイしおさい公園から眺める神戸都心2022年初冬 スカイラインの拡大が進み始める

2022年1月10日
こべるん ~変化していく神戸~
約1年ぶりにポートアイランド・北公園に行ってきました。ポートアイランドから眺める都心がどのように変化しているのかを確認したかったから …
ウォーターフロント

神戸ウォーターフロントアートプロジェクトに映画「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」が登場

2022年11月25日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸ウォーターフロントアートプロジェクトはリニューアル工事中の神戸ポートタワーを覆う仮囲いのカバーをスクリーンとして、プロジェクションマッピ …

POSTED COMMENT

  1. kingi より:

    もう少し気楽に立ち寄れるスタバ的なカフェが出来るものと
    期待していただけにがっくりです。

    いずれにしても駐車場が9台分では賑わいには全く貢献しないですよね
    こんなひっそりとした公園からの景観の為に高さ規制が有るんですよね

    なんでこうもやる事なす事的外れなんでしょうか・・

  2. 神戸太郎 より:

    蓋を開けてみないとわかりませんが、確かに気軽に立ち寄れる感じではなさそうですね。自分は時々週末にロードバイクでポーアイ行くんですが、マクドやドムドムが来てくれたほうが嬉しかったです(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です