新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 GLION Awa-s BuildingのフロアVRxKPM内の次世代水族館「ato」内のパース



三宮新港町地区で最大の業務商業施設となるGLIONグループ本社ビル「GLION Awa-s Building」。地上10階 延床面積11,365平方メートルの最新鋭オフィスビルです。

1-3階はBMW、フェラーリ等のショールームやミュージアム、9階はGLIONグループ本社、10階は貸会議室となり、4-8階は賃貸オフィスフロアという構成になるものと思われます。



間もなく竣工を迎えますが、低層部に開業するショールームやミュージアムについてはまだ詳細が判明しません。これらもポートミュージアムやフェリシモ本社内のチョコレートミュージアムの開業する今秋にオープン時期を合わせる可能性が高いのではないかと思われます。集客施設が同時期に開業する事で街の話題性も大きくなります。よって新港町の本格的な街開きはこの秋という事になるでしょう。



溜息の出る位、格好良いビルです。期間限定かと思いますが、賃貸フロアのテナント募集用にフロアのVR動画が特設で公開されています。

https://studio55vr.space/GLION/#nodxt

GLION以外にどんな企業が入居するのでしょうか。



各施設の2階部分を接続するデッキの様子です。奥の駐車場棟からGLION本社ビル、そしてベイシティタワーズ神戸WESTを経由します。



デッキ上のPC床の取り付けも始まっているようです。



そして臨港道路を跨いでKPMと接続します。



ベイシティタワーズ神戸WESTの地上躯体構築工事も順調に進んでいるようです。新港町と三宮駅を結ぶポートループに加えて平日の朝夕には市バスや神姫バスも運行されるようです。ひとまずはバスでのアクセス向上によって街の利便性を向上します。



「KPM(神戸ポートミュージアム)」も既に最終形と言っても良い位、躯体工事が進みました。



ウォーターフロントには娯楽集客施設が集いますが、一挙に様々な新施設が誕生するこの新港町においてもKPMへの期待度はこれまでのどの施設よりも高まっています。



この「劇場型アクアリウム」を基本コンセプトとした次世代エンターテインメント施設「atoa」はどのように我々を楽しませてくれるのでしょうか。その特徴的な外観は対岸のメリケンパークから見てもワクワク感を与えてくれるのではないかと思います。



幻想的な照明や投影演出が施された館内に水槽が設置されるようです。これまで見た事のないようなアッと驚く展示内容を期待しています。



KPMの2階には比較的大きな広場が設けられています。



前述の歩行者デッキを使ってここまでバリアフリーでアクセスする事が可能になります。



イベントを開催するにも適している事でしょう。



1階にはataのミュージアムショップ「(仮称)atoa luxe」が開業予定です。1階には他にTOOTH TOOTHがプロデュースする「TOOTH MART FOOD HALL & NIGHT FES」やGLIONが運営するクラシックカーミュージアムがオープンします。



最上階4階には屋上庭園に併設された「(仮称)atoa cafe」が開業します。神戸の海や山、街並みが一望できる開放的な空間が広がる気持ちの良いカフェが誕生します。



KPM横にフェリシモ本社前の大階段も姿を現し始めました。この階段をベンチ代わりに使ってイベントが繰り広げられる事も期待できそうです。

これらの集客施設が開業するこの秋。新港町が多くの人々でごった返す様になるのでしょうか。

関連記事
新港突堤西地区再開発

新港第2突堤基部倉庫とりこわし工事 倉庫撤去が本格的に開始 跡地利用と今後の開発タイミング

2024年3月16日
こべるん ~変化していく神戸~
解体撤去工事が開始されている新港第2突堤基部の旧住友倉庫。土地は国が保有していましたが、再開発に向けて神戸市が譲渡を受けました。倉庫 …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 新港突堤西地区再開発 GLION Awa-s Buildingの外構工事も完了 来月の1-3階ショールームオープンに向けて内装工事が進む

2021年6月17日
こべるん ~変化していく神戸~
建物本体は竣工し、GLION本社もこの新築ビルに移転・稼働開始しています。その後、建物周辺の外構工事やショールームとなる1-3階の内 …
新港突堤西地区再開発

アリーナ建設予定地・新港第2突堤基部事務所他とりこわし工事の入札が広告される 来年3月までの更地化へ 向かいの住友倉庫と合わせて再開発か

2021年10月15日
こべるん ~変化していく神戸~
新港第2突堤の再開発はNTT都市開発等がアリーナの建設を予定しており、来年度にも着工する計画です。しかしそのエントランス部にあたる突 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です