新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 駐車場棟が竣工目前 外構工事も進む 住宅棟は地上躯体工事へまもなく移行



三宮新港町計画・新港突堤西地区再開発事業で完成を迎える施設が相次いできました。北側A街区の6工区で建設されてきた駐車場棟の完成がいよいよ目前に迫っています。



駐車場棟の車道入口付近の様子です。



建物に沿って植栽が設けられました。



奥にゲートが設置されています。



出口は西端に設けられています。



残りの敷地も植栽が行われるのでしょうか。



この地上6階建で自走式駐車場ビルは502台を収容します。神戸ポートミュージアムをはじめ、エリア内に開設される集客施設の受け皿として機能します。第二突堤の開発が進むと更に重要性は増す事でしょう。



阪神高速京橋ランプから至近距離にあります。この道路が渋滞する位、エリアが賑わう事を期待したいですね。



同じくA街区の西端で建設中の住宅棟である住友不動産のベイシティタワーズWESTはゲート隙間から見えた内部では既に地上に鉄筋が伸びている様子が確認できました。いよいよ地上階の躯体工事への移行が迫っています。つまりはタワークレーンが投入される時期も近づきつつあります。



その住宅棟現場前でも歩道に沿って土木工事が進められています。電柱地中化等を目的とした共同溝の設置作業かと思われます。



道路を挟んで向かいはみなと温泉蓮の駐車場ですが、北側は封鎖されており、昨秋には掘削調査も行われていました。現在は入口にゲートが取り付けられて鉄板が敷かれています。何らかの工事に向けての準備が始まっているのでしょうか。蓮の2期工事と期待しています。

関連記事
新港突堤西地区再開発

新港第2突堤基部 旧住友倉庫の解体に向けて施工事業者を募る一般競争入札広告 工事完成期限は24年9月を予定

2023年7月8日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸アリーナの建設工事が進行中の新港第2突堤基部にある住友倉庫が保有していた大型倉庫。再開発に向けて神戸市が土地と建物を取得し、解体 …
新港突堤西地区再開発

新港第2突堤とその基部の上屋や倉庫・事務所群の解体が開始される 新港町再開発は第二フェーズへ突入

2022年1月14日
こべるん ~変化していく神戸~
新港町は西地区の再開発が進み、ウォーターフロントエリアの新たな賑わい創出に成功していますが、まだ中央から東側に掛けては大小様々な倉庫 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です