新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸WEST & EAST 緑地広場ベイコートの整備と低層部の仕上げが進む



竣工がいよいよ来年初に迫ってきた新港町のツインタワーマンション西街区のベイシティタワーズ神戸WEST。低層部周りの仕上げや外構工事も佳境に入ってきました。

プロジェクト概要

ベイシティタワーズ神戸WEST/EAST













所在地 神戸市中央区新港町71番
事業者 住友不動産・関電不動産開発
敷地面積 WEST 5,300.07㎡ EAST 5,300.01㎡
建築面積 WEST 1681.98㎡ EAST 1,605.95㎡
延床面積 WEST36959.46㎡ EAST 36,593.83㎡
階数 地上27階 地下1階 塔屋1階
用途 共同住宅 一部店舗 WEST 349戸 EAST 353戸
建物⾼さ 102m
構造 鉄筋コンクリート造 一部 鉄骨造
設計者 前田建設工業
施工者 前田建設工業
竣工予定 2023年1月/2024年9月







https://www.sumitomo-rd-mansion.jp/kansai/bct_kobe/
物件公式サイト



南側デッキと建物の間にも比較的大きな木々が植えられました。



デッキと連絡する2階エントランス周りも内装と共に仕上げが進んでいます。



2階の用途はマンションのグランドエントランスホールや住民用のフィットネスルーム、エレベーターホール等の住宅共用部がメインかと思いますが、これらは建物北側に集中しています。南側にはテナントが入る可能性もあるかもしれません。



建物西側には約1,500m²の緑地広場「ベイコート」が整備されています。こちらでも植樹が進んでいます。



メインアプローチとなる京町筋を南下してくると、この緑地がエントランスゾーンとしての役割を果たす事になります。



仮囲いの撤去が始まっています。この4年間、この敷地を囲っていた仮囲いが遂に姿を消します。



ベイコートの造成整備が進んでいます。デッキと接続するカーブのあるスロープの鉄骨橋桁の設置が開始されました。



スロープは盛土の上に接続しています。起伏のあるマウンド造成は水面の揺らぎをイメージしているそうです。



マウンド周辺はゆくゆくは豊かな緑に包まれる予定です。



そしてベイシティタワーズ神戸WESTの基壇部の仕上げが進行しています。大屋根の下に大きなガラスの開口部。



建物のスパンが非常に大きいので、この低層部は圧巻です。1階にはどんなテナントが進出するのでしょうか。



ベイコートとテナントの相乗効果によって、新港町の玄関口がより一層賑わい、開業済みのKPMやステージフェリシモの集客施設と共に新しいウォーターフロント地区を盛り上げて欲しいと思います。



西側及び北側の住居用エントランス周りも仕上がってきました。



大屋根の下にグランドエントランス。住民は1階からエスカレーターを使って2階のエントランスホールへとアクセスします。



北側には車寄せとその奥に棟内タワーパーキングの入口が設けられています。WESTの最終仕上げが続きます。



東側のEASTは地下躯体の構築が続いています。



柱の鉄筋が続々と伸びて地上部にまで達し始まています。



WESTの竣工が近づく中、EASTの地上躯体構築開始もカウントダウンが始まっています。
関連記事
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ・歩行者デッキネットワークの構築が終わりに近づく 臨港道路上の歩道橋供用開始 駐車場棟とKPMが繋がる

2022年2月7日
こべるん ~変化していく神戸~
新港町再開発地区で建設されている建物群を地上2階レベルで連絡する歩行者デッキネットワークの構築が進められていますが、ようやくその大半 …
ライトアップタワーズ

神戸ポートミュージアムを中心とした新港町エリアの夜景は神戸ウォーターフロントの新しい観光資源となる事間違い無し!

2021年11月26日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸ポートミュージアムが開業し、すっかり賑やかになった新港町エリア。開業済みの各施設は夜になると、それぞれが独自の照明演出を駆使して …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です