新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画・ベイシティタワーズ神戸EAST 地上躯体構築工事が進捗 WESTのテナント区画の現況は?



都心部最後のタワーマンションと呼ばれている新港町のベイシティタワーズ神戸。既に竣工したWESTに続き、東棟のEASTの躯体構築工事が進捗しています。



既に仮囲いの外からも地上躯体が確認できる程に成長してきました。



現在は地上2階部分の躯体工事を進めているところとなります。EASTの低層部にも店舗の入るテナント区画が設けられる想定のようですが、計画通りに進められるでしょうか。



南北に2機のタワークレーンが配置されています。WESTは2階レベルから上棟までに1年強の期間を要したので、EASTの上棟時期は来年のお盆あたりかと予想します。



従って来夏にはWESTとEASTのツインタワー状態を見る事が出来るようになる予定です。



臨港道路の景観もEASTの完成後はその様相を大きく変えるでしょう。長い歴史を持つ倉庫街が新ウォーターフロント街区へと変遷する過程を目の当たりにする事は幸運だと思います。



竣工したWESTですが、1-2階のテナント区画への新規出店の動きは現状、見られません。



向かいの駐車場ではラスイートが集客施設の建設を開始しました。新施設の開業効果によってもっと人の集まるエリアとして認知されていくと、自ずとテナントは入り始めるのではないかと思います。



もっと立地の良い新築ビルのテナント区画でさえも空室消化に苦戦してきましたし、コロナからの回復はまだその途上にあります。第2突堤のアリーナ建設も進行中ですので、少し時間を掛けて商業ゾーンを確立していく位で良いのではないかと思います。



2階の南側にもテナント区画があり、専用のエントランスも設けられています。



まずは界隈には皆無のコンビニ出店は必須なのではないかと思います。マンションの住民もオフィスの就業者も待ち望んでいるでしょう。また新港町にはまだカフェの機能もありません。先週の日曜日には久しぶりにKPM内のTOOTH MARTで昼食を摂りましたが、ほぼ満席の盛況ぶりでした。週末や休日の需要は高い事を実感。

夜間景観向上にも大きく貢献している物件です。ツインタワー化時には神戸のベイエリアに大きな存在感を与える事になるでしょう。
関連記事
New Open

劇場型アクアリウム átoa(アトア)に行ってきました!108枚で余すところなく綴る神戸のウォーターフロント最新観光スポット 新港町周辺の賑わいの起爆剤に

2021年11月8日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸のウォーターフロント最新観光スポットとなったKPM・神戸ポートミュージアム内の中核施設である劇場型アクアリウム「átoa」に行ってき …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸WEST・EAST 西棟は地上2-3階躯体工事を進行中/東棟はいよいよ建物本体工事に着手!

2021年4月22日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮新港町計画の再開発エリアで最大のシンボリックな建築物となるツインタワーマンションのベイシティタワーズ神戸WESTとEAST。住友 …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 各工区で基礎工事が継続する中、フェリシモが地上躯体工事着手へ1番乗りを果たすか?

2020年5月14日
こべるん ~変化していく神戸~
引き続き本格的に各工区で大規模な基礎工事が進行している新港突堤西地区の三宮新港町計画。全8工区に分けられて開発が進められています。  …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画・ベイシティタワーズ神戸EAST 遂にタワークレーンが登場!地上躯体工事を開始 新港町再開発も第2フェーズへ

2023年3月3日
こべるん ~変化していく神戸~
竣工を迎えた新港町西地区再開発エリアのツインタワーマンションの西棟「ベイシティタワーズ神戸WEST」とは1年半遅れで着工した東棟の「 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です