三宮再整備

三宮再整備・地下鉄三宮駅東コンコース内装改装他工事と三宮地下通路改修工事 改修工事が開始される



地下鉄西神・山手線三宮駅の東コンコース改札内外を対象としたリニューアル工事が遂にスタートしました。施工を担当するのは兵庫区の橋本建設です。



今回の改装で最も特徴的な変化になる予定の「うねり」を表現したパネルを取り付ける天井から既存天井パネルの撤去が開始されました。



照明パナルを兼ねた天井材以外のあらかたは既に撤去が完了し、照明のみが残されている状態です。



剥き出しの天井を覆う養生シートがメッシュの細かい白を選択しているせいか、通常、天井改修でありがちな工事中の暗さをあまり感じさせません。



天井が変わるとコンコース内の印象も大きく変わるものと思われます。地下鉄開業以来、初のコンコース全面改修となり、一連の三宮再開発は神戸の都心にとって浮沈を決する市政の最重要課題として位置付けられています。



今回のリニューアルによってようやく新築の神戸三宮阪急ビルと調和と釣り合いの取れる形に生まれ変わるでしょう。

天井照明の色温度をどう調整するのかも一つの課題です。

今後数ヶ月に渡って、天井設備の解体を進めていく中で、改札外に仮設トイレも設けられる模様です。



旧上島珈琲店店舗区画隣の通路の天井の撤去が進んでいます。



さんちかの改修工事においても新たな動きがありました。1番街と2番街の間にある夢広場で行われている柱の改修工事です。



北側の通路が閉鎖されて、東西方向の通り抜けができなくなっています。



広場内には柱が2本ありましたが、その1本が剥き出しの状態になっており、柱関連した何らかの改造が行われている模様です。



ジャッキで天井を支えながら天井内部の改造を行っているようです。天井補強を行った上で、柱を抜いてしまおうとしているのでしょうか。



来街者にとっては三宮は地下も地上も再開発工事だらけになっており、変わろうとする街の勢いを感じさせ始めている事でしょう。

関連記事
三宮再整備

東遊園地の年内一部供用開始は中止 来春に全面開放へ ルミナリエ代替イベント・「1.17のつどい」園地内で開催

2022年11月13日
こべるん ~変化していく神戸~
今年11月の一部供用開始を目指していた再整備中の東遊園地ですが、工事の進捗遅れからこれを断念し、来春の全面開放に変更する方針が示され …
三宮再整備

さんちか1番街・2番街が完全売り尽くし閉店セールを開始 3月31日まで 閉館後にはリニューアル工事がいよいよ開始される予定

2022年2月15日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸最大の地下街である「さんちか」は開業から間もなく60年を迎えますが、50周年の際には耐震化工事と天井の美装化を実施するリニューアルが …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です