三宮再整備

三宮再整備・地下鉄三宮駅東コンコース内装改装他工事 改札内外の改修工事に着手



9月より工事が開始された地下鉄西神・山手線三宮駅コンコースのリニューアル。改札外コンコースの天井パネルが全て撤去されて、白い薄手の養生ネットで覆われました。



コンコース北東側の通路には仮囲いが設置されています。



この場所にあったコインロッカーも移設されて改修工事が進められています。



コンコース中央の天井照明があった場所も簡易蛍光LED灯が一列に並ぶのみとなり、養生ネットで覆われています。



そして遂に改札内コンコースにおいても既存天井パネルが撤去されて、養生ネットで覆われました。



基本的に地下鉄が運行している時間は工事が行えないので、夜間工事がメインとなります。工事対象箇所は毎日、ネットを外して作業を行なっているのでしょう。



階下ホームへとアクセスする階段・エスカレーター周りには仮囲いが設置されました。



階段上の天井改修を行う為の足場を組んでいるものと思われます。



改札内のトイレ改修の為に、改札外に仮設トイレを整備する必要があります。前述の改札外の仮囲いはこの仮設トイレの設置でしょうか。来年はさんちかの2番街と夢広場が2月に完成するのをはじめ、このコンコースリニューアルも9月に完成予定と、三宮の地下エリアが大きく変わり始める年となります。

関連記事
三宮再整備

さんちか1番街・2番街が完全売り尽くし閉店セールを開始 3月31日まで 閉館後にはリニューアル工事がいよいよ開始される予定

2022年2月15日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸最大の地下街である「さんちか」は開業から間もなく60年を迎えますが、50周年の際には耐震化工事と天井の美装化を実施するリニューアルが …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です