三宮再整備

葺合南54号線の歩道拡幅改修工事II期スタート

fukiai2-01.jpg

昨年実施された葺合南54号線の改修工事は国際会館前からジョーシンまでのおよそ130mに留まりました。今年度はII期工事となる「その2」として更に南に100m程、改良区間を延伸します。

fukiai2-03.jpg

工期は来年2月末までを予定。昨年はまず片側の工事をある程度終わらせてから、もう片側という進め方でしたが、今年分は両側同時に進める模様です。

fukiai2-04.jpg

改良済区間を見慣れたせいか、まだ未改良の部分はかなりくたびれた感じです。このまま再開発が予定されている八幡神社前までが改修されるものと思われます。来年度分がその3として、2号線まで一気に改良され、この道路改良工事が完結します。完成を機に葺合南54号線などと長ったらしい名称は廃止するか、愛称を公募して、通称使いできる通り名を授けるべきだと思います。

fukiai2-05.jpg

先日、三宮の取引先と打ち合わせがあった際、南大阪より駆けつけた同僚が、市役所地下の駐車場に車を停めて、JR三ノ宮駅前にやってきた際、開口一番「めっちゃくちゃお洒落な街並みやん!」と叫んだのが、なんだかおかしかったです。普段、我々が見慣れてしまっているフラワーロードも市外から来る人の目には新鮮に映るという事に気づかされました。葺合南54号線の改良も、三宮クロススクエアも神戸を訪れる人には我々の想像以上のインパクトを与える可能性があります。尚、中央幹線と国際会館前の区間は歩道路面の改修に留まるようです。そごうの建て替え後や三宮クロススクエアの整備状況によって今後の状況は左右されるのではないかと思います。

fukiai2-07.jpg

この建物かどうかは分かりませんが、読者の方よりジョーシン付近のビルが近々、解体されるという情報を頂きました。三宮再開発が始動し、地価が高騰する中、水面下では民間不動産の取引が活発化しているのではないかと思われます。かなり沸騰してしまった東京や大阪に比べて神戸はまだ低水準で外からの投資が入って来やすい環境のようです。



関連記事
三宮再整備

シティ・ループが無くなる?運行を担当する外郭団体「神戸交通振興」が来春解散へ 事業を引き継ぐ民間事業者を公募

2021年11月22日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸の観光路線バス「シティ・ループ」。走る異人館と称された可愛らしいデザインが目を引くバスはすっかり神戸の街に馴染んできました。都心 …
三宮再整備

三宮図書館仮移転整備工事 デザイン・クリエイティブセンター神戸 新館2階へ来年6月 雲井通再開発始動は来秋か

2021年12月14日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮の中央区総合庁舎内に入っている三宮図書館。来年より雲井通5丁目の再開発事業が始動するにあたり、移転準備を開始しています。26年に …
三宮再整備

三宮プラッツ地下1階改修他工事 リニューアル第二弾工事は来年2月末に完成予定 フル活用への模索続く

2021年9月2日
こべるん ~変化していく神戸~
昨春に完成した三宮プラッツ。完成時期にコロナ禍に見舞われ、最初の緊急事態宣言でオープニングイベントも中止を余儀なくされました。今年は …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です