兵庫

ワコーレシティKOBE湊川公園新築工事 地上躯体構築工事は終盤を迎える



市営松本住宅とミナイチ市場から成っていた湊川共同ビル跡地に建設されている再開発ビルは事業協力者の和田興産による大型分譲マンション「ワコーレシティKOBE湊川公園」として来春に完成予定です。村上・今津特定建設共同企業体による施工工事は躯体工事が大詰めを迎える段階に達しています。

プロジェクト概要

ワコーレシティKOBE湊川公園



所在地 神戸市兵庫区荒田町1-3-3
事業者 和田興産
敷地面積 1,954.82㎡
建築面積 1,471.47㎡
延床面積 13,606.46㎡
高さ 44.38メートル
構造 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
階数 地上14階 地下1階
用途 共同住宅 171戸(住戸168戸、ゲストルーム1戸、店舗2戸)
設計 大土呂巧建築設計事務所
施工 村上・今津特定建設共同企業体
竣工予定 2022年4月中旬









建設状況の様子



地上14階建ての建物をL字型に2棟に分けて建設していますが最終的には構造は一体化されます。



先行して完成した南側の兵庫区総合庁舎・兵庫消防署との間を隔てる道路の歩道整備が完了しました。今後、ワコーレシティ側にも歩道が設けられます。



規模のより大きい南側の棟は既に最上階の14階に達して上棟している模様です。



北棟と南棟の工事の進捗が建物の高低差に現れています。



しかし北棟も13階に達しており、こちらの上棟も時間の問題でしょう。



完成時のボリューム感にほぼ達しており、完成予想パースで描かれている様子をイメージする事が出来ます。



兵庫区庁舎を中心として南北に渡って兵庫区のヘソを再構築中ですが、一連の工事も遂に来春に完成する予定です。湊川駅周辺の再開発を更に進行させるには民間事業者によるマンション開発の誘発が必要です。ファミリー層の流入を促し、東山商店街内も商店主、客の双方の若返りを図らなければなりません。高齢化がこのまま進めば、20年以内に商店街は消滅の危機に瀕しかねません。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. 摂津国人 より:

    湊川・新開地エリアは交通の要衝なのでマンションも商業地も需要は大きそうですね。

    神戸の人口減少の理由をずっと考えていたのですが、既に周知である神戸の既存産業(港湾・鉄鋼など)の不振や大阪の再開発の活性化の他に、教育面の不祥事も大きいのではないかとの考えに至りました。
    最近では旭川のいじめが報道で取り沙汰されることが多いですが、神戸でも2年前の教員間のいじめが問題となったことを忘れてはならないと思います。
    教員間でのいじめがあるような神戸市ですので、児童-教員間や児童間でのいじめが隠ぺいされているであろうことは想像に難くありません。
    私も神戸で生まれ育ってきましたが、思い出せば神戸市立の小中学校の教師の高圧的な態度と苛烈な暴力に嫌な思いをしてきたことはこの歳になっても忘れることができません。
    「一部のこと、過去のこと」と正当化なさる方もいらっしゃるかもしれませんが、「じゃあ旭川市に引っ越して自分の子供を教育を任せたいか」と考えていただくと、神戸の教育の置かれている状況や外部の方から見た神戸市の教育のイメージがわかってくるのではないでしょうか。
    先の記事でもOMこうべや神戸新交通など神戸市の公務員の天下り先が神戸の発展を妨げているのではとの趣旨のコメントを差し上げましたが、神戸市は公務員天国と形容しても差し支えなさそうですね。
    早急な対策が望まれます。

    日本の学校は地獄か…神戸「教員いじめ事件」の残酷すぎる支配構造
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/68380

    教員間いじめの神戸教職員、相変わらずの隠蔽体質…児童への体罰指導を矮小化
    https://biz-journal.jp/2021/08/post_240751.html

    神戸「教師いじめ」、男性教師2人は懲戒解雇でも45歳「女帝」は停職3か月の不可解
    https://www.dailyshincho.jp/article/2020/03061101/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です