兵庫

ワコーレシティKOBE湊川公園新築工事 地上躯体の構築が進む 建物1階には街の回遊動線に寄与するスキップロードを整備予定



まもなく完成が間近の兵庫区総合庁舎・兵庫消防署の北側に隣接していた市営松本住宅・湊川協同組合ビルを再開発によって建て替えるプロジェクトが進行しています。再開発の事業協力者には和田興産が選定され、同社の大型分譲マンション「ワコーレシティ」の冠を付けた総戸数171戸を供給する共同住宅とと店舗から構成される再開発ビルが誕生し、湊川エリアの居住人口を増やすと共にファミリー層の定住を狙います。

プロジェクト概要

ワコーレシティKOBE湊川公園



所在地 神戸市兵庫区荒田町1-3-3
事業者 和田興産
敷地面積 1,954.82㎡
建築面積 1,471.47㎡
延床面積 13,606.46㎡
高さ 44.38メートル
構造 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
階数 地上14階 地下1階
用途 共同住宅 171戸(住戸168戸、ゲストルーム1戸、店舗2戸)
設計 大土呂巧建築設計事務所
施工 村上・今津特定建設共同企業体
竣工予定 2022年4月中旬





建設状況の様子



村上・今津特定建設共同企業体による建設工事は2基のタワークレーンを稼働させて、RC造の地上躯体を構築しています。既に3-4階に達している模様です。



パース上では丁度、外壁を茶色のタイルで覆っている基壇部分となります。



建物の北面は全面が商店街に面しています。アーケードの正面ゲートはまだ「ミナイチ」の文字が残されていますが、東山商店街にリフレッシュされる予定です。居住者の生活は商店街と密接する事になります。商店街を生活の一部として利用できる利便性は普段、スーパーでの買い物をメインしている人々には羨ましい環境です。



仮囲いには複数のパースが掲示されています。建物の1階には商店街と兵庫区役所、湊川公園方面を連絡する「スキップロード」が設けられる予定です。これは居住者の利便性のみならず、街の回遊にも大きく効果をもたらす重要動線になる可能性があります。



現在は良くも悪くも雑然とした感の強い商店街ですが



建物が完成すると見違えるように綺麗になります。既存のアーケードも美装化によるリニューアルが施される模様です。湊川エリアでは今後も老朽化した集合住宅の建て替えが進むのかどうか。まだ商業施設と複合化している建物が商店街内に残されています。

関連記事
兵庫

兵庫津ミュージアム 初代県庁館建築工事及びひょうごはじまり館建築工事 仕上・外構工事と基礎工事が進む 集客性を高めるにはどうしたら良いのか

2021年8月26日
こべるん ~変化していく神戸~
イオンモール神戸南に隣接した南側の市有地で建設が行われている「兵庫津ミュージアム 初代県庁館建築工事及びひょうごはじまり館」建築工事 …
兵庫

兵庫区総合庁舎・消防署建設他工事 X ワコーレシティ KOBE 湊川公園新築工事 タワークレーン登場 湊川公園にはフワフワドーム誕生

2020年10月7日
こべるん ~変化していく神戸~
新・兵庫区総合庁舎の二期計画として進められている兵庫消防署の建設工事。基礎工事が終わり地下躯体の構築が始まりましたが、遂にタワークレ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です