ポートタワーリニューアル

ラスイートルパンビル新築工事 解体工事は完了 新築建物の建設工事に着手 ポートタワー頂部にも変化



ラスイートが第1突堤基部で建設を開始したラスイートルパンビル新築工事。現在までに分かっている事はこの建物の規模が地上4階建である事のみです。



これまで駐車場として暫定利用されてきた基部北側部分で解体工事が行われてきましたが、それも完了し、新築建物の建設工事に移行しました。



3点式パイルドライバとクローラークレーンが現場に投入されています。



現在進行中の工事は杭工事。



既製コンクリート杭の圧入がセメントミルク工法で行われているものと思われます。



大規模感のある工事です。建築面積は2,000平方メートル以上あるのではないかと思われます。ホテル計画はこの敷地の南側で進められるものと思われますので、それ以外の用途として使用される建物ですが、もし2,000平方メートルの建築面積で4層の建物だと、延床面積は単純に8,000平方メートル。



単なるレストランや飲食類の物販のみで埋められる床面積ではありません。バンケット等の機能は既に突堤南端のオーシャンズガーデンが有していますし、このビルの用途は一部商業フロア、一部はラスイートの本社をここに移すのでは無いかと推測してみます。

ラスイートの本社は現在、大阪市天王寺区にありますが、同社の経営基盤は神戸のウォーターフロントエリアにあり、この場所に本社を移転させてもおかしくはありません。



第1突堤の対岸のメリケンパークの背後に聳える改修中のポートタワー。タワークレーンが乗るその頂部に何やら変化が見られました。



赤く塗られた頂部の下にガラスで覆われたフレームのある構造体が見えます。



完成予想イメージと照らし合わせると、見えているのは屋上回廊の中央にあるタワーの最高部である事が分かります。



ポートタワーの改修工事も終盤に差し掛かっているようです。足場の撤去時期は来年の2月頃でしょうか。早く朱色の美しい姿を再び見せて欲しいものです。

関連記事
ポートタワーリニューアル

神戸ポートタワーの運営企業が決定!フェリシモなど3社に決まる 新タワーはウォーターフロントエリアの最先端スポットに

2023年4月20日
こべるん ~変化していく神戸~
耐震・リニューアル工事によって閉鎖されている神戸ポートタワー。当初は今夏のリニューアルオープンを予定していましたが、台風によるの影響 …
ラスイート ル・パン

ラスイート・ルパンビル新築工事 躯体構築が進捗 ラ・スイート神戸ハーバーランドのミニ版?

2024年4月3日
こべるん ~変化していく神戸~
新港第1突堤基部で藤木工務店の施工により建設が進められているラスイート・ルパンビル新築工事。ラスイートが運営する新たなホテルや飲食店 …
ラスイート ル・パン

ラスイートルパンビル新築工事 地上躯体構築が進む 新港町を訪れた人々が気軽に立ち寄れる施設としても期待

2024年2月18日
こべるん ~変化していく神戸~
新港第1突堤基部にて、今年の秋に完成を予定しているルパン総本店(仮称 ラスイートルパン・ビル)の新築工事は順調に躯体構築が進行してい …
ポートタワーリニューアル

神戸ポートタワーリニューアル計画 準備工事として連絡ブリッジの取り壊しを進める予定 6月1日から営業は再開する?

2021年5月26日
こべるん ~変化していく神戸~
2年後の2023年には開業60周年を迎える神戸港のシンボルである神戸ポートタワー。この記念すべき年に向けて開業以来最大の大規模なリニ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です