三宮

プレジャーズコーポレーションホテル計画跡地に建設中の賃貸マンション トアロードでは和田興産が新マンションプロジェクト始動



中山手通3丁目でかつて計画されていた(仮称)中山手通ホテルProjectは、現在、UR布引アパートとイスズベーカリー旧本社を解体・集約しているプレジャーズコーポレーションが進めてたホテル建築でしたが、基礎工事の段階で計画が頓挫してしまいました。

基礎の構築が終わった後、計画が破綻したのは、現在、中突堤中央ターミナルの北東に立つノートルダム神戸の敷地で、一度は進められたミッドポートプロジェクトを思い起こさせます。



現在、その敷地では構築された基礎を解体し、新たに株式会社スナダプロパティのグループ会社であるウルトラエステート株式会社が賃貸マンションの建設を進めています。



建物は地上15階・全戸ワンルームの84戸で、6月の完成を目指しています。



トア山手のすぐ西側で、トア公園に面しており、住戸の多くはパークビューを望む事になります。



周辺エリアでは、JT神戸支店跡地に和田興産が、大型高級マンションのワコーレ ザ・トアロードを建設しましたが、更に新たな計画に着手したようです。



この土地は以前から更地になっていた為、開発が進むのか、集約を進めるのか、気になっていた開発用地でした。



東西にもスパンの長い変形地で、西側は鯉川筋にまで達していますが、いずれも道路に面した間口は大きくありません。敷地面積はは約620平方メートルです。



和田興産はこの地に地上15階 総戸数53戸の分譲マンションプロジェクトを始動させました。中山手通は和田興産にとって貴重な都心住宅ゾーンです。



前述のホテル計画がまだ進行していた際、建設が進められていたスタイリッシュな賃貸マンションある「グルーブAriaトアロード」。1階にテナントを2区画設けています。



コインランドリーとヘアサロンが出店しました。



近隣のファルマシアントアロードには1階にクリーニング店、2階にはピザレストランが入居。やはり一定の通りに面した都心立地の住宅1階には賃貸、分譲に関わらず、店舗を設ける条例を制定するべきです。都心機能誘導地区であれば尚更です。

関連記事
三宮

フラワーロード・旧柏井ビル(セントラルシティ神戸三宮駅前第2ビル)他の解体撤去工事が開始される! 信和不動産が描く跡地計画とは?

2023年5月29日
こべるん ~変化していく神戸~
震災でフラワーロードに横倒しになってしまった加納町4丁目の旧柏井ビルはクラシカルモダンな外装の8階建ての新・柏井ビルへと再建が行われ …

POSTED COMMENT

  1. maru-chan より:

    おはようございます。
    いつも楽しく拝見してます。
    (この記事にコメントするのが適切なのか判らないですが、「三宮」カテゴリーなので投稿させていただきます。)
    神戸ダイヤモンドビルの一階、バーバリーが出店している隣の角区画ですが、店名は伏せられていますが工事壁は取り払われ、内装工事は終わったようです。
    通りの賑わいにつながるようなテナントの出店を期待します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です