神戸アリーナ

ジーライオンアリーナ神戸を含む新港第2突堤の愛称を「TOTTEI」に決定!FOOD&SHOPエリアとTOTTEI PARKがアリーナと共に誕生



新港第2突堤内で建設中のジーライオンアリーナ神戸と突堤先端のにぎわい拠点施設の運営を担う予定のOne Bright Kobeは、同アリーナの開業1年前を記念し、アリーナが立地する新港第二突堤エリアの愛称を「TOTTEI(トッテイ)」に決定したと発表しました。



名称決定に伴い、エリアやメディアで使用が予定されるロゴも作成・発表されました。新港町の再開発地区には名称が無かったので、街に名前を付ける事はブランディングの上でも非常に重要です。



突堤をアリーナの西側と南側にゾーンとして分け、神戸ウォーターフロントエリア(新港第一突堤方面)を臨むゾーンを「FOOD&SHOP」エリア(仮称)、先端部ゾーンは神戸ならではの海と山並みを五感で楽しめる「TOTTEI PARK」としています。



集客拠点施設「緑の丘」が整備される「TOTTEI PARK」の内容については、既に一度、公表されており、全国初の「港湾環境整備計画」制度(みなと緑地PPP)を適用する民間事業として開発が進められる予定です。



緑の丘は、鉄骨造2階建の建築物で、延床面積900平方メートルを計画し、内部を飲食店とするとまでは分かっていましたが、今回の発表では具体的に新しいBBQの形を追求するレストランや、オリジナルクラフトビールを醸造するブリュワリー等、唯一無二のダイニング体験を提供する予定と示されました。



「緑の丘」は想像していた以上に高低があり、ダイナミックさを兼ね揃える模様です。丘は、イベント開催時には突堤南西端のステージに向かって客席としても機能するようです。



今回の発表で更に気になるのが、アリーナ西側で第1突堤との間に面したFOOD&SHOPエリアです。オープンテラスのあるレストラン・カフェが複数出店予定との事で、これはアリーナ内の西側1階のテナント区画をテラスのあるレストラン空間に仕立てるという事になるのでしょうか。2階部分にも店舗が入る予定であり、ハーバーランドのモザイクのようになるのではないかとイメージしています。



アリーナは年間稼働日数160日を目指すとしており、2.5日に1回は何らかのイベントが興行される事になりますが、更に複数の飲食店や物販店の出店と、PARKの運営により、ハーバーランドに匹敵するウォーターフロントの賑わいゾーンとして、これまでの想定以上に活気のあるエリアとなる事が期待されます。



ハーバーランド同様に昼夜を問わず賑わうウォーターフロントとして定着させる事ができるかによってエリアの成否が左右される事になるでしょう。



ますます再開発の完成が待ち遠しくなった「TOTTEI KOBE」。期待するなと言われても期待しないわけにいきません。アリーナ建設と共にTOTTEI PARKの整備開始も楽しみですね。

関連記事
神戸アリーナ

新港第2突堤再開発・神戸アリーナプロジェクトが正式着工発表!2025年春に年間300万人が訪れるアリーナパークが誕生

2023年4月21日
こべるん ~変化していく神戸~
新港第2突堤の再開発プロジェクトとして計画中の神戸アリーナについて、事業主であるNTT都市開発、スマートバリュー、NTTドコモ及び運営元 …
神戸アリーナ

新港第1・2突堤間の水域活用に向けての整備工事が本格化 全く新しいウォーターフロント・親水空間の誕生へ

2024年3月25日
こべるん ~変化していく神戸~
新港第1、第2突堤の間の水域は、第2突堤のジーライオンアリーナ神戸の建設と合わせて新たな賑わいを生み出すウォーターフロント施設として …
神戸アリーナ

(仮称)神戸アリーナプロジェクト ジーライオンアリーナ神戸の屋根鉄骨フレーム構築完了!屋根の鋼板取付も開始

2024年2月14日
こべるん ~変化していく神戸~
ジーライオングループが、ネーミングライツを取得した事によって正式名称が「ジーライオンアリーナ神戸」に決定した新港第2突堤の神戸アリー …
神戸アリーナ

新港第2突堤再開発・One Bright KOBE が「港湾環境整備計画」の国内初認定 突堤先端緑地に集客施設を整備 アリーナ名も正式決定!

2024年2月9日
こべるん ~変化していく神戸~
新港第2突堤の再開発がNTT都市開発、NTTドコモ、スマートバリューによって進められており、神戸アリーナの建設が順調に行われています …
神戸アリーナ

ジーライオン神戸アリーナ 水域先端の防波堤海上部分の構築も開始される!1万人規模の抱える落とし穴と起死回生プランとは?

2024年3月12日
こべるん ~変化していく神戸~
新港第2突堤で順調に建設工事が進んでいるジーライオンアリーナ神戸。次世代の神戸ウォーターフロントの要になり得る施設として大きな期待が …

POSTED COMMENT

  1. 新神戸人 より:

    アリーナですが、ニュース記事に
    >開業から1年間の週末は音楽イベントなどの仮予約でほぼ埋まった

    とありました

    関西でコンサートに使用されるのは、ほぼ大阪城ホールで
    ワールド記念ホールは時々、という感じでしたが
    今回のアリーナ開業により、神戸及び関西の音楽シーンが大きく盛り上がりを見せてくれそうで非常に楽しみです

  2. EYESTAR より:

    私も突堤西側のFOOD&SHOPエリアは、
    ハーバーランドのモザイクを彷彿とさせるような
    魅力的な飲食店の充実したエリアになるのではと
    予想しています。
    ネオンサインやライトアップなどで、対岸の第3突堤から
    洗練された佇まいを愛でられるような
    商業施設群になってもらいたいですね。

    加えてアリーナの利用予約状況も好調。
    音楽イベントが数多く神戸で開催されると、
    エンタメ関連の業種が集う下地が形成されるので、
    若年層にとって魅力的な神戸市が見通せることとなり
    神戸市の先行きは明るいものとなります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です