こべるん ~変化していく神戸~
神戸阪急ビル

サンキタ通り道路改良工事 遂に街路樹の植樹も開始される 神戸阪急ビル西館の出店第一号はワールド・ワン!



サンキタ通りの道路改良工事も中盤戦を過ぎて後半戦に突入した感があります。封鎖されていた生田新道への接続部分も仮アスファルトで埋められて暫定的に車道が復活しました。



神戸阪急ビルに沿った部分はかなりの範囲でインターロッキングブロックによる舗装が完了しました。全体の6〜7割程は終わったといったところでしょうか。



阪急ビル東館前は完成形がほぼ垣間見えます。



そして阪急ビル西館前では遂に街路樹が数本、植樹されました!



まだほっそりとした若木ですが、今後の三宮の再開発を見守るように成長していくものと思います。以前の街路樹が伐採されて潤いの無くなってしまったサンキタ通りに再び緑が戻ってきました(まだ葉はありませんが)。



個人的に街路樹にはシマトネリコのような常緑樹ではなく、ケヤキのように冬は葉が落ちる木の方が好みです。今回、採用された木の種類は分かりませんが、常緑樹ではなかった事に安堵しています。



駅高架下の西館のファサードも落ち着いた雰囲気で統一されています。仮囲いの撤去される日が来るのが楽しみですね。



西改札の広場前もインターロッキングブロックの舗装がほぼ完了しています。



この広場の目の前にあるマクドナルド阪急三宮西口店跡のフロアのテナントに土佐清水ワールド等でお馴染みのワールド・ワンの出店が明らかになりました。進出させるのは新業態となる「KOBEニューワールド」。2フロア構成で延床面積は約250平方メートル。1階を持ち帰り専門店、2階を店内飲食が可能で昼はカフェ、夜はパブとして営業します。アフターコロナを見据えた同社の飲食業における新しいビジネスモデルの確立を狙うようです。「a la ringo 」で新業態でも成功を収めていた同社だけに期待大の出店となりそうです。オープンは4月下旬を予定。神戸阪急ビル全体の開業に合わせるものと思われます。

https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/202101/0013985346.shtml
居酒屋ワールド・ワン 阪急神戸三宮西口にテークアウト店開設



年が明けましたので、そろそろ阪急ビル西館の出店テナントについて新しい情報が欲しいと思っていた矢先の嬉しいニュースですが、リニューアルされるサンキタ通りに面してどのような賑わい拠点となるのか。テナント集めにはあまり良いタイミングとは言えないのが心配なところではありますが、こうしたアフターコロナへの挑戦を試みるテナントが多く集う商業施設として期待が高まります。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. H より:

    西側から見た阪急の新駅ビルの壁面はただの壁なので夜間に暖色系のライトでライトアップされるとさんきた通りが更に華やかになりそうですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です