三宮再整備

サンキタ通り他詳細設計業務委託に係る公募型プロポーザル 選定事業者発表


神戸市が8月に広告していたサンキタ通り他詳細設計業務委託に係る公募型プロポーザルについて二者から提案応募があり、その内、パシフィックコンサルタンツ株式会社 神戸事務所、有限会社 小野寺康都市設計事務所、ナグモデザイン事務所及び株式会社 KAPによる共同企業体を選定したと発表しました。


しかし発表内容はまたして事業者名のみに留まり、提案内容は伏せられています。ここのところ、公募プロポーザルの結果発表ラッシュに沸いていますが、具体的な提案を発表するのは民間資金を活用するPFI方式のプロジェクトばかりで、事業資金に市税をメインとする計画については発表を避けています。何に遠慮しているのでしょうか。公的に選定した案なのですから、しっかり発表して下さい!

関連記事
三宮再整備

三宮図書館仮移転整備工事 デザイン・クリエイティブセンター神戸 新館2階へ来年6月 雲井通再開発始動は来秋か

2021年12月14日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮の中央区総合庁舎内に入っている三宮図書館。来年より雲井通5丁目の再開発事業が始動するにあたり、移転準備を開始しています。26年に …
三宮再整備

こどもの本の森 神戸 新築計画 外観完成間近 公園管理棟の改築も進む 税関線歩道橋のリニューアルも準備工事に遂に着手!

2021年8月30日
こべるん ~変化していく神戸~
東遊園地内で来春の開館に向けて建設工事が進行するこどもの本の森 神戸。約2ヶ月ぶりに取り上げます。開館は半年以上先の話ですが、建物自 …

POSTED COMMENT

  1. るんぱっぱ より:

    選定してもその後の調整等などもあるので具体的な発表が遅くなるのかな?と思いますが、神戸市民としては遅々として進まない再開発と具体的なパースが発表されないことにもどかしさを感じます。

    一体的な大規模再開発が行われれば、天王寺や梅田のように神戸が再び栄えることもできそうなのに…..

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です