ハーバーランド

アニヴェルセル神戸の解体工事が完了 更地化の上で暫くの暫定利用?跡地再開発の今後の動きは?



神戸ハーバーランドのumieサウスモールに隣接した三角地にあった結婚式場のアニヴェルセル神戸が昨年11月に閉館し、年初から解体工事が開始されていました。予定では工事は9月末までの筈でしたが、順調に作業が進んだのか既に工事は完了を迎えた模様です。



すっかり更地となりました。この土地が更地になるのは2005年以来、実に17年ぶりとなります。



単に更地化しただけでなく、外周を白いフェンスで囲い、東側にのみ出入口が設けられました。何かしらの暫定利用を行うものと思われますが、やはり駐車場にするのが無難でしょうか。



4,000平方メートル以上あるので、平面駐車場としてもかなりの台数が停められる面積です。ハーバーランドにはかつて平面駐車場が多く存在していました。それらはいずれもタワーマンションが建設された為、無くなりましたが、稼働率は悪くはありませんでした。



さて今回の更地は2000年代初頭とは全く異なる環境と時代背景の中に誕生しました。ハーバーランド内としては最後の大規模開発用地として、有効的な活用が望まれます。再開発著しい都心三宮とは差別化を図るハーバーランドは集客性の高さを維持していますが、更にこのニーズを盤石化する為の布石をこの土地を使って打っておきたいところです。

コト消費をメインとした商業施設とホテルの複合開発が最適と思います。キッザニアの誘致が出来ると最高ですが、ららぽーとでなければ出店は難しいと考えると、同様の職業体験型テーマパークに「カンドゥー」という施設が、千葉・幕張新都心のイオンモール内にあります。運営会社はイオンモールが100%出資しているイオンモール キッズドリーム合同会社。同じくイオンモールが運営主体となっているumieに隣接地した土地として、西日本初の出店の可能性は考えられるでしょうか。

https://www.kandu.co.jp/
カンドゥー公式サイト



モザイク2階のBUTTER跡にオープンした「ハーバーブレッドカフェ 神戸umie店」。テラス席も用意されています。話題店として人気を集めているようです。



モザイクは出店テナントには非常に人気の高い商業施設です。その分、賃料も高止まりしているものと思われます。



umieはイオンモールが自社保有をせずに、受託運営を行う数少ない大型商業施設です。この利点を活かして、三角地の有効活用を早期に促進し、ハーバーランドの更なる集客力向上を目指して欲しいと思います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です