こべるん ~変化していく神戸~
神戸駅周辺

VIERRA神戸リニューアル工事 中核テナントにKOHYOが再出店・開業

JR神戸駅のビエラ口改札正面の駅ナカ商業施設「VIERRA神戸」は最大テナントのスーパーKOHYOが1年半に渡って一時的に閉店し、高架下の耐震工事に合わせて店内や通路、エントランス周りの改装工事が行われてきました。



リニューアル工事が完了して、スタイリッシュなエキナカ商業施設へと生まれ変わりました。



同じ場所に再出店したKOHYO神戸店は9月8日にオープン。



VIERRA神戸のテナント案内です。



非常に明るいKOHYOのエントランス。光天井はインパクトも◎です。



今回のリニューアルで最も特筆すべきはこの通路です。天井周りのデザインや照明演出も素晴らしい出来です。



集客性は表となる中央改札のPLico神戸に劣るVIERRA神戸ですが、今回のリニューアルでデザイン性は勝るようになりました。


PLicoが神戸SC開発が運営しているのに対し、VIERRAはJR西日本不動産開発が運営しています。共にJR西日本のグループ会社ではありますが、やはり後者の方が資金力があるのでしょうか。



まだ外構工事は進められています。KOHYOが戻ってきた事でビエラ口にも活気が再び出てきました。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です