三宮

M-1スクエアを購入したのは信和不動産と判明 今後の土地・建物の活用法を探る



売却されていた東急ハンズ三宮店の入居建物であった商業施設「M-1スクエア」の購入元が判明しました(Taxanyan1003h07さん 情報提供ありがとうございました)。土地と建物を入手したのは信和グループの信和不動産株式会社。賃貸マンションブランド「スプランディッド」シリーズを展開するデベロッパーです。

https://shinwa-grp.co.jp/news/948/
信和グループプレスリリース

既にこの建物の活用や再開発についての見解は過去記事で述べました。

あわせて読みたい
閉店した東急ハンズ三宮店跡 M-1スクエアの再開発について考えてみる 生田新道と生田ロードの交差点角にあったランドマーク的存在であり、三宮北側地区で最大の商業施設だった東急ハンズ三宮店が30年の歴史...


信和不動産は賃貸マンションが主体ですが、最近ではグループ企業がホテル開発や運営にも手を伸ばし始め、六甲アイランドのファッションプラザ内のホテルプラザ神戸も同グループ傘下が運営しています。

今回のM-1スクエア買収は同グループが都心の商業地開発を本格的に手掛ける基幹プロジェクトになるものと思われ、購入に費やした投資額も高額だったに違いありません。立地的にはテナントフロアとホテルを組み合わせた複合ビルの開発が望ましいと言えるでしょう。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. 麦チョコ より:

    ずいぶん前に「ハンズの跡地はマンションになる」との噂を聞いた事がありましたが、信和不動産が交渉していることからその様な噂になっていたのでしょうか。
    ただ、市営地下鉄の東西連絡通路が出来たことから、ここがマンションになると、三宮の全ての駅に地下通路でアクセスができ、「三宮6路線駅直結」の訴求力はハンパないでしょうね。
    それに加え阪急・マルイ・大丸も地下通路だけでもアクセスができ、阪急オアシス・イカリスーパー・KOHYOと日常の買い物もむしろ便利な立地。
    最近の三宮界隈のマンション価格高騰と今後も発生する感染症の拡大による経済活動停滞を天秤にかけると、商業施設にならない可能性も高いのではないでしょうか?

  2. たるみん より:

    スレッド違いですが、残念なお知らせです。
    ゼロゲートのアディダス旗艦店が、9月末で閉店でした。三宮元町中心街、CBDの衰退が懸念されます。いよいよ11月は市長選。どなたか良い対抗馬が出ないでしょうか。

  3. kingi より:

    これビルはそのままで再開発するという事でしょうか?

    ゼロゲート
    存在すら忘れていました
    何度前を通っても本当に酷いテナントビルで
    そりゃ店子は商売にならないでしょうね

  4. kkbb より:

    このM-1スクエアビルは特殊な構造で中央エレベーターで最上階に上がり、螺旋状に設えてある階段を各フロアを物色しながら1Fまで降りてくるようになっています。ですから建替えせずにマンションのようなリノベーションはムリです。
    ただもし建替えするとなると、地下鉄出入り口になっているので工事は結構、長期の難工事になると思います。
    今のままで何らかの商業店舗に貸し出しか、転売するような気がしますが。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です