JR三ノ宮新駅ビル

JR三ノ宮駅 三宮ターミナルビル撤去工事 南側デッキ撤去本格化



本格解体開始から約1年が経過し、どんどん小さくなる三宮ターミナルビルです。撤去工事は現在、5階部分の躯体解体が進行中です。これでホテル階だった全てのフロアの撤去が完了し、4階のオフィス階を解体すると、いよいよOPAだった店舗フロアの撤去に着手します。上の写真では解体中の上階に比べて幅のある建物の下の部分です。



作業予定では5階の解体と仮設工事の双方を同時進行で進めている事が示されています。



仮設工事は建物を覆っている足場と防音パネルの撤去です。5階も壁までが解体されている部分は仮設設備の撤去が進んでいます。



そして建物本体の解体に追随して付帯施設の撤去も本格化を開始しました。作業予定にも示されている2階南外部デッキ天井仕上撤去工事が進められています。



デッキ花壇下の天井材がすっかり撤去されて中の鉄骨梁等が剥き出しになりました。



鉄骨の梁の間にあるアルミの補強材が見えますが、奥側はこれらを取り外している事が分かります。長年、覆い隠されていたのでこれらの補強材は真新しく見えます。歩行者デッキ下の天井仕上はかなり前から撤去されていましたが、完全撤去を開始したデッキ花壇から、ターミナルビル周辺のデッキ網全体の解体を開始していくようです。



ターミナルビルの低層部解体にはビルに直結しているデッキも同時もしくは先駆けて撤去が必要となります。ポートライナー駅前からミント神戸やサンシティに連絡するデッキは維持されるものと思われますが、今後のバスターミナルビル再開発や駅前広場再整備により、デッキ網の再編も大規模に行われる事が予想されます。その際、既存のデッキは架け替えられるのか、それとも改修対応となるのか。今後の流れに注視していきたいと思います。

関連記事
JR三ノ宮新駅ビル

JR三ノ宮駅ビル開発準備工事 中央幹線の車線切り替えに伴って中央分離帯移設中 さんちか通路も改修が進む

2023年7月11日
こべるん ~変化していく神戸~
JR三ノ宮駅ビル開発が開始されたのに伴い、中央幹線の車線切り替え工事が進められています。北側の東行き車線がヤード化される為、中央分離 …
JR三ノ宮新駅ビル

JR三ノ宮駅 三宮ターミナルビル撤去工事 全面に防音パネル取付 新駅ビル高層部ホテルはどうなる?

2019年7月2日
こべるん ~変化していく神戸~
解体工事の進む三宮ターミナルビルは東面を除く3面で足場の上の防音パネルの取り付け作業が大詰めを迎えています。こんなに長い工期の仮設工事を …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です