神戸三宮阪急ビル

神戸阪急ビル東館周囲における現況調査工事

hankyu48.jpg

1月11日に全ての店舗を閉店した神戸阪急ビル東館。その後、2ヶ月の沈黙が続いていましたが、いよいよ次のステップに移る動きが出てきました。建設ニュースが「3月7日から現況調査工事」を報じていたので、どんな形式の工事なのか現地確認をしてこようと思っていました。

hankyu47.jpg

閉館しているビル壁面には新たなお知らせが掲示されていました。この調査工事に関するものであることは一目瞭然だったのですが、驚いたのはその内容でした。

hankyu54.jpg

なんと調査工事の調査範囲がビルそのものの敷地というよりもその周囲が対象なのです。しかもその対象範囲にはパイ山公園が含まれています。

hankyu49.jpg

さあこれは面白いことになってきました。パイ山公園がビル建て替えの敷地に含められる事を当ブログの前回の記事で期待を込めて予想していました。まさかですが、その方向で調整が進んでいる可能性が出てきました。

hankyu50.jpg

神戸市との協議が完全には整っていないので当初目標の2015年度中の新駅ビル着工は叶わなかったと報じられていましたが、パイ山公園を建て替えの敷地対象に含む為の調整だったのであれば多少時間が掛かっている事には納得です。勿論、まだそうと決まった訳ではありませんが、これは期待せずにはいられません。具体的にどのような調査工事が実施されるのでしょうか。調査範囲に含まれる一部敷地を封鎖して地質調査等を行うのでしょうか。ボーリングの櫓が確認できれば新ビルの敷地拡大は確実となります。

hankyu53.jpg

阪急は駅ビル建て替えに先立ってすでに神戸三宮駅舎改良工事を開始しています。

hankyu52.jpg

工事名称は神戸三宮駅高架橋改良工事。グループ子会社のハンシン建設が工事を手掛けており、昨年9月から開始。今年6月末に完了予定です。この工事が駅ビル建て替えに関連して進められている工事なのかどうかは定かではありません。

hankyu51.jpg

もし本当にパイ山公園を活用して駅ビル建て替えが計画されているのであれば、なぜ市はこの事を現時点においても公表しないのでしょうか。この調査工事の結果が良好であれば発表されることになるのでしょうか。それとも単に現ビル敷地内の建て替えでも超高層化するためには周辺部の現況調査が必要なのでしょうか。とにかくこの調査工事の進捗と内容を注視していきたいと思います。工事は4月23日までの予定となります。工事を担当するのは大林組。新ビルの建て替えも同社が担う可能性も高いと言えます。



関連記事
神戸三宮阪急ビル

神戸阪急ビル増築工事 神戸三宮阪急ビルの外観完成・1階吹き抜け空間の仮囲いも撤去 イベント広場等も供用開始が近い!?

2021年3月8日
こべるん ~変化していく神戸~
開業までいよいよ2ヶ月を切った神戸三宮阪急ビル。旧ビルの閉館から既に早6年が経過し、この春にようやく再開発が完了を迎えます。小学校1 …
神戸三宮阪急ビル

神戸阪急ビル増築工事 マリオンがオフィスからホテルフロアへ直結 塔屋階の構築も進み全体のボリュームアップ

2020年6月29日
こべるん ~変化していく神戸~
遂に最上部の高さ121mに達して上棟した神戸阪急ビル東館。駅前広場から見上げるタワーは三宮の新しい時代の本格的な始まりを実感させます …

POSTED COMMENT

  1. masa より:

    予想が当たりそうですね、素晴らしいです。
    さてその利用ですが、私は空中権の購入で、公園はそのままか、作り直して残し、何階か以上に建物を作るというのもありではないかと予想し、そのための地質調査ではないかと思います。
    銀座、梅田、心斎橋と空中権の買取で道路上の利用があるので、形状は全く違うが、三宮でもあり得るのでは。
    それとも公園買取で一体的に開発するのかもしれませんが、いずれにしろ調査期間終了後の発表が楽しみになりました。

  2. 夢想家 より:

    市がボイドを設置する場所として阪急東口が描かれておりますので、パイ山公園の地下鉄の出入り口と、阪急の駅ビルとが一体化されることは可能性として高いと思います。
    また事業主体が阪急か市か、どちらか判りませんが、ビルだけでなく公園も一体整備するんでしょうね。

  3. 黒霧 より:

    こんにちは。阪急 高層ビル立ててほしいです。昔 ハーゲンダッツがあったのを記憶しています。 道路を少し場所を変え アコムとか看板のあがっているビルとかも含め200メートル級の高層ビルを期待しています。

  4. sirokuma より:

    期待したい処ですが、例の三宮会議の提案書のスケジュールによれば、阪急北・JR北側の公園整備は、30年の事業の中で、中長期事業としての位置付けです。
    順当に考えても一体開発なら神戸市が計画発表するでしょうし、もし本当にパイ山も含めた開発を行うのであれば三宮会議の提言は正に絵に描いた餅になっちゃう。いったい何をやっているんでしょうね?

    これは、地下鉄線路敷き及び地下通路の保全と、地下から新ビルへのアクセスの計画の為の調査ではないでしょうか?

  5. kenkenbooboo より:

    なんだかみなさんのコメント読んでると、新阪急三宮ビルの建設はさながら推理ドラマの探偵のようですね。

    確かにあの狭小な敷地に超高層ビル建設を想像するのは困難でしょうし、どんな方法で、どんな外観で(パイ山公園を利用出来るなら、電通本社ビルみたいな外観になるかも)、駅ナカの南北アクセスはどうするとか、それでいて三宮のシンボル、ランドマーク的なビルにするとなるといったいどんなビルができるのか。

    主役である阪急と神戸市の構想の行方を想像すると興奮してします。

    この推理ドラマはワクワクして目が離せません。

  6. 魂の16連射 より:

    公園を一企業がビルを建てるからと言ってもそう簡単に提供しないでしょうね。
    大阪駅北ビルも昔の道路はそのまま跨いでるし、地下か空中権ならありかな。

  7. kingi より:

    いずれにしろ、ようやくようやくようやく
    着工の運びとなりそうで、まずは一安心です

  8. hs より:

    パイ山まで駅ビルの範囲になり屋根ができると雨の日でも待ち合わせがしやすくなりますね

  9. kingi より:

    10数年前に阪急が三宮高層ビル化を発表した時も
    パイ山は閉鎖されるという記事が神戸新聞に掲載されました。
    神戸の待ち合わせのメッカが無くなる事に対しての危惧する内容だったと思います。
    古い記憶なのでうろ覚えなんですが・・・

  10. kingi より:

    せっかくの話題に水を差して申し訳ないんですが
    大林組ですか・・・うーん・・・
    まあ、阪急といえば大林組なんでしょうけど大林組はデザインが・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です