三宮再整備

三宮町1丁目のスロット店が閉店していました

million03.jpg

JR三ノ宮駅前一等地に店舗を構えるスロット店が今年の6月末に閉店していました。建物老朽化による休業という事です。将来的に店舗ビルを建替えて営業を再開するのかどうかは定かではありません。

million02.jpg

ご存知の通りこのスロット店の周辺はパチンコ銀座となっています。低層の建物が並び、150万都市の玄関口である超一等地の活用法としては好ましい状況ではありません。

million04.jpg

建物が老朽化しているとは言え、営業を継続することは可能だったと思われます。三宮再整備構想が進められる予定の中の休業が示すものとは何か。自ずと再開発に向けての水面下の動きを期待してしまいます。隣接する雑居ビルも売却先を探していたという噂もあったようです。

million01.jpg

三宮の顔として相応しい風格のある景観を目指すにはこの場所の再開発は避けては通れない大きな課題です。将来的にはこの区画の最大地権者である竹中工務店が一体的な再開発を実施し、玄関口に相応しい規模と外観、用途を備えた大型複合ビルを建設して欲しいですね。このスロット店の閉店がその布石になるのかどうか見守っていきたいと思います。



関連記事
三宮バスターミナル計画

国土交通省と神戸市が国道2号等 神戸三宮駅前空間の事業計画 中間とりまとめを共同発表

2019年8月31日
こべるん ~変化していく神戸~
国道2号線を管轄する国土交通省と神戸市が神戸三宮駅前空間の整備事業計画について中間とりまとめを共同発表しました。神戸市が産学連携下で …

POSTED COMMENT

  1. tet より:

    いつもありがとうございます。
    この雑居ビル群を駅前立地に相応しくするために一番効果的で しっくり街に溶け込むであろう姿はマルイの増築でしょうか。
    理想を言えばマルイと連結した構造での地元発のオシャレなビルを期待しています。ともかく一体的に開発されることを念じます。

  2. 夢想家 より:

    地上を歩いていると意外と判りませんが、上から眺めると
    まるで50年間も時が止まったような風景ですね。
    超高層ビルの建設も都市としての発展には必要ですが、
    神戸の都心に散見するこのような建物(用途も含め)を一掃することが,
    都市としての品格を高めるためには喫緊の課題でしょうね。

  3. ひろチャソ より:

    それにしてももうじき年末ですが、駅ビル開発の話は出てきませんね(´・ω・`)
    某野党あたりが邪魔してるんじゃないかと疑ってしまう。

  4. しん@こべるん より:

    tetさん
    マルイのビルも竹中は恐らく中期使用を視野とした暫定建物として建てたのではないかと私は思っています。将来的な一体開発を睨んで。

    夢想家さん
    非常に難しい問題ですが、この難問を解決しないと本当の玄関口の顔は実現できませんね。

    ひろチャソさん
    気長に待ちましょう・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です