こべるん ~変化していく神戸~
ベリスタ神戸旧居留地

BELISTA神戸旧居留地

belista010

海岸通に建設中のタワーマンション「BELISTA神戸旧居留地」の進捗状況です。前回の取材から2ヶ月が経過しました。すでに20階付近を建設しており、上棟までもう間近に迫っています。この高さになるとさすがにかなりの存在感が出てきました。

belista011

海岸通を挟んで見上げると・・・正直、壁です。ぬり壁です。更に6階高くなるので完全なるぬり壁が出現します。毎回書いてますが、デザイン的にもう少し捻りが欲しかったです。南側からは一文字型に見えますが、正確にはコの字型です、東西の住戸は北側に突き出ています。

belista012

本当に幅の広いマンションですね。このデザインならではのメリットは東西の両北側住戸を除き、全戸南向きということに尽きます。おそらく5階以上の部屋であれば全室オーシャンビューを謳うことができるでしょう。居留地とあって低層階には店舗も2戸入る予定です。また完成時には屋上が緑化されるようです。同物件で適応されたのかどうかは定かではありませんが、神戸市の条例では屋上緑化による容積率の緩和が認められています。

archives11

この制度が初めて適用されたのが、D’グラフォート神戸三宮タワーで駐車場棟の屋上を緑化することで、600%の容積率が720%へと緩和されました。この制度の上限は1.5倍までです。また神戸市では屋上のみならず壁面緑化でも容積率のアップが認められます。壁面緑化と言われてもあまりイメージが湧きませんね。以前の甲子園のような状態を指すのでしょうか・・・。



関連記事

POSTED COMMENT

  1. 文京移民 より:

    早いですね?。もうこんなに伸びていたとは。

    (いや、単に自分が時間経つの早くなっただけかも・・・)



    海岸通は広いですからこの形でもあんまり圧迫感はなさそうですね。将来的にこの南側?新港は親水空間として整備されるみたいですから、なかなか良い環境なのかなと思います。(ただ子供連れファミリーだと小学校まで遠そうかな。)

    20階(60m台?)に達してもそれほど高く見えない、ほんと周囲に高層ビル増えたものですね。



    なんか雑記っぽくなってしまいましたが、今後ともリポート宜しくお願いします。

  2. こべるん より:

    文京移民さん



    実際、1フロアの面積に対してこのタワマンの建設スピードは早いと思いますよ。年初で8階辺りでしたから(まあこの半年の経過スピード自体速かったのも事実ですが・・・年々速くなりますよね)。



    世界的な記録かどうかはわかりませんが、兵庫区のキャナルタウンウェスト(37階建て)は躯体施工を3日に1フロアというスピードでやったそうです。



    ぬりかべではありますが、仰る通り圧迫感はありませんね。海岸通を挟んだ正面には未利用地がありますが、ここに高層建築が建つかどうか(震災直後は義勇海運が20階建ての本社ビルを建設する計画もあったようです)。



    8月辺りに上棟するかと思いますので、またレポートします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です