アルプス駅前ビル

(仮称)協律三宮センタービル新築工事

kyotsu32.jpg

JR三ノ宮駅北側の琴ノ緒町5で計画されている商業ビル「(仮称)協律三宮センタービル」。昨秋から建設工事が進められてきましたが、建物全体を覆っていた養生シートが取り払われて、そのベールを脱いで姿を現しました。

kyotsu30.jpg

遊技場となる2-3階は一面黒のパネルで覆われ、テナントフロアの3階以上はアルミカーテンウォールが採用されたガラスの建物になりました。

kyotsu29.jpg

完成予想パースに引けを取らないスタイリッシュなビルが生まれました。

kyotsu34.jpg

アルミの垂直ルーバーの位置を交互にずらして配しています。これは名古屋駅前で建設中の超高層ビル「大名古屋ビルヂング」を彷彿とさせるデザインです。規模は遥かにこちらが小さいですが。

kyotsu31.jpg

ビル裏角部。こちらにも一部、アルミカーテンウォールが採用されてガラス張りになっています。

kyotsu33.jpg

2-3階は建替前と同様に遊戯場になり、1階、4階はすでにテナントが決定しているようです。残り4フロアはテナントを募集しています。立地上、飲食店の入居が見込まれます。竣工と竣工後のLEDの演出による夜景が楽しみです。



関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です