海岸通 旧居留地計画

(仮称)ポルシェセンター神戸新築工事 海岸通・旧居留地計画

porchcenter13.jpg

先週、鉄骨建方が始まった模様をお伝えした「(仮称)神戸ポルシェセンター 海岸通 旧居留地計画」。地上5階建て 延床面積 延床面積3,175.27平方メートル 高さ27.20mの自動車販売ショールームです。現在、住吉にある神戸ポルシェセンターが都心へ移転開業する予定です。

porchcenter11.jpg

鉄骨建方の工事は更に進行し、一部は最上層である5階まで達しています。

porchcenter10.jpg

更に角度を変えてもう1枚。1階、2階の階高は非常に大きく3-5階は共通の高さとなっています。1階は吹き抜けのような天井の高いショールームや商談スペース、2階も同様+オフィス、3階は恐らく整備ピット及び駐車場、4-5階も駐車場なのではないかと思います。

porchekobecenter00.jpg

4-5階はセットバックしてシンプルな構造になります。

porchcenter14.jpg

3階までの壁面の高さが隣接するチャータードビルと統一されています。思った程、4-5階の存在感は無くあまり気になる感じはありません。

これまで自動車ショールームは顧客が車で来店する事を前提として、幹線道路沿いに店舗を構えるのが通例でしたが、こよ旧居留地界隈では都心のビル1階という立地にレンジローバー/ジャガーから始まり、ランボルギーニ、ベントレー、そしてポルシェと高級輸入車のショールームが次々と進出。この先もポルシェセンターからまっすぐ南に下った新港突堤基部西地区再開発でBMWの販売を行うGLIONが新本社ビルを建設しショールームを開く予定です。都心とウォーターフロントエリアに突如として、高級車ショールームの集積地が誕生する背景には好調な輸入車の販売と消費者の行動パターンの変化があるのではないかと思います。そのうち、国内唯一の高級車ブランドであるレクサスも出店を検討するのではないかと予想しています。



関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です