旧居留地

商船三井ビルに米国セレクトショップ「フレッドシーガル」が出店

shosen04.jpg

大丸神戸店は旧居留地の商船三井ビルに米西海岸発祥のセレクトショップ「フレッド シーガル」を誘致します。1階、2階の一部(計約1,200平方メートル)に紳士・婦人・子ども服、食器、化粧品、食品の売場が設けられる他、カリフォルニアワインが楽しめるレストランも備わるとのこと。国内では東京・代官山、横浜・みなとみらいに続く3店目となり、関西においては初出店となります。商船三井ビルはこれまでは大丸インテリア館として家具を取り扱っていましたが、現在は3月の開業に向けて改装工事中です。

shosen05.jpg

同ビルはれっきとした現役のオフィスビルです。1922年竣工で地上7階 地下1階 延床面積12,000平方メートル。老朽化と耐震補強が必要な事からこの建物も解体の危機に見舞われました。旧居留地に残る数少ない近代建築でも最大規模を誇るこの建物をなくして居留地を語る事は出来ません。その貴重性から耐震工事が実施され、解体を免れました。

daimaru04.jpg

大丸神戸店は全国の百貨店に先駆けて街を面的に捉えて周囲と共に発展するという類稀なビジネスモデルを確立して成功しました。店外に今や60ものテナントを誘致し、居留地全体を一大ショッピング街へと変貌させました。オフィス街からショッピング街へも変化した東京丸の内でさえこの旧居留地をお手本にしたと言われます。ただファッションやアパレル系のテナントが多く夜の早い神戸において、この居留地も夜間には人の通りもまばらになります。今回のフレッドシーガルの誘致をきっかけとして、夜も営業しているレストランやカフェ、バー等も増やし、落ち着いた大人の夜の街としても進化を遂げていって貰いたいです。

torroad10.jpg

おまけですが、トアロードで長らく建設中だった2棟の狭小商業ビルが完成、テナントが開業しました。建物竣工時はシンプルで何の面白味もない建物が出来たという印象でしたが、双方ともうまくお化粧されました。ある意味トアロードらしいかわいい感じになりました。



関連記事
旧居留地

旧居留地・三共生興スカイビル跡地にコインパーキングが開業 暫定利用の期間と再開発のタイミングは?

2021年12月25日
こべるん ~変化していく神戸~
解体工事が完了した三共生興スカイビル跡さ地。設置されていた仮囲いが撤去されたと思いきや、敷地が全面的にアスファルトで舗装されました。 …

POSTED COMMENT

  1. 文京移民 より:

    トアロードの建物、いいですね。
    大開発もいいですが、こういうところの神戸らしさを大切にしたいです。

    フレッドシーガル、代官山より神戸こそ1号店にすべきなのでは?みたいな話をしたことがあるのですが、なんとか3号店としてのオープンまでこぎ着けられそうで何よりです・・・「稼げるフラッグシップ」として彼らの社運が掛かる店舗だと思いますので成功を期待します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です