ホテルシェレナ跡地

(仮称)神戸市中央区元町通6丁目計画 敷地内全建物の地上部解体撤去が完了



旧ホテルシェレナ西館の解体工事が続く元町商店街西側エントランス周り。和田興産が取得し、敷地面積を1,000平方メートル未満に抑えて店舗付分譲マンションを建設する計画です。その規模は地上19階が計画されており、ワコーレ ザ・神戸旧居留地レジデンスタワーが同社最後のタワマンと思われていたところを覆す形になりました。

(仮称)神戸市中央区元町通6丁目計画



所在地 神戸市中央区元町通6丁目2-5他
事業者 和田興産株式会社
敷地面積 999.98平方メートル
延床面積 10,986.23平方メートル
高さ 59.99 メートル
構造 鉄筋コンクリート造
規模 地上19階 地下1階
建物用途 共同住宅 100戸
設計 株式会社IAO竹田設計
施工 東レ建設株式会社
着工予定 2024年1月
竣工予定 2026年10月





ホテルシェレナの建物地上部解体が進められていましたが、引き続き敷地内の雑居ビル2棟とタワーパーキングの解体が進行しています。



しかし既にこれらの建物の姿も見られず地上部解体は完了した模様です。



敷地面積999.98平方メートルの更地誕生が控えており、これまでになかった開放感が広がっています。



これから建物の地下階の解体を経て、地中障害物の撤去工事に移行する段階で着工に至るものと思われます。



以前の建物は西元町駅と地下階で直結していましたが、今回の新築建物はどうでしょうか。神戸駅の東側は市内屈指のタワーマンション密集ゾーンに変貌を遂げています。この物件が加わる事でこれに更に拍車が掛かります。利便性も高いので竣工前には完売するでしょう。やはり神戸駅北側はタワーマンション建設規制エリアから除外するべきです。
関連記事
ホテルシェレナ跡地

旧ホテルシェレナ西館(第一グランドホテル西元町)・(仮称)神戸市中央区元町通6丁目計画が来年1月に始動予定

2023年4月10日
こべるん ~変化していく神戸~
元町商店街の西側入口に位置する立地で進められてきた旧ホテルシェレナ最後の建物である西館の解体工事が完了を迎えようとしています。  …
ホテルシェレナ跡地

旧ホテルシェレナ西館・第一グランドホテル西元町の解体撤去工事が本格化 地域のランドマークへと再開発されるか

2022年3月17日
こべるん ~変化していく神戸~
同じく解体工事が本格化した旧ホテルシェレナ西館・第一グランドホテル西元町。こちらも再開発の卵として、解体後には地域活性化のプロジェク …
ホテルシェレナ跡地

旧ホテルシェレナ西館・第一グランドホテル西元町の解体撤去工事が開始される 和田興産が再開発へ 元町商店街の活性化の一翼となるか

2022年1月18日
こべるん ~変化していく神戸~
西元町のランドマークであったホテルシェレナ神戸。本館、東館、西館の3棟構成の建物でしたが、震災で被災した本館と東館は解体され、その後、タワ …

POSTED COMMENT

  1. トライ より:

    神戸駅山側は活性化のため高さ規制を外すべきだと思いますがなぜあの地区が入ったのか。湊川神社を陰にしてはいけないとか圧力でもかかってるのかと勘繰ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です