神戸空港

神戸空港島におけるプライベートジェット関連事業者公募の結果は該当者なし

神戸市が、6月に神戸空港島に国内外を含めたプライベート・ビジネスジェット専用ターミナルや駐機場等の受入対応施設を建設、運営する民間事業者の公募を行い、その結果が発表されましたが、非常に残念ながら該当者無しという形で終わりました。

    学識経験者等で構成される選定委員会において、「事業主体の適格性」「事業計画」「環境への配慮」「神戸への貢献」などの審査項目に基づき審査を実施した結果、最低基準点を満たす応募者がいなかったことから、本市において、「該当者なし」とすることを決定しました。

昨年、市が実施したサウンディング型市場調査では、ビジネスジェットの運航についてポジティブな内容が多数を占めた筈でした。

全く応募者がいなかったという訳ではないようですが、条件を満たす応募者がいなかったという事になります。



ビジネスジェット受入対応施設を想定していたのは空港島の西側のエリアとなり、25年春に完成・供用が開始される新旅客ターミナルよりも更に西側に位置しています。

公募にあたって施設の規模や運営条件は以下が示されていました。

  • 契約: 事業用定期借地権設定契約
  • 期間: 10年以上50年未満
  • 面積: 最大30,000㎡(最低申込面積20,000㎡以上)
  • 2025年3月末からプライベートジェットの受入対応を行う


今回の結果によって第2ターミナルの開業と同時のプライベートジェットターミナルの運用開始は事実上、難しくなりました。

現在、プライベートジェットの専用ターミナルを有する主な国内空港は、羽田、成田、中部、関西の4空港です。しかしこれらも専用の駐機場や格納庫も含めて一体運用されているものはなく、神戸空港の例はそれを国内初でチャレンジしようとする試みです。25年春の運用開始というスケジュールは事が性急過ぎていたのかもしれません。是非とも今回の事でめげずに再度、事業者選定を継続して欲しいと思います。
関連記事
神戸空港

神戸市が神戸空港と三宮を結ぶ地下鉄新線のルートや需要予測の検討開始 市営地下鉄と私鉄の同時乗り入れは可能か?

2023年1月5日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸新聞は新年早々にスクープ記事を掲載し、神戸市が2030年に国際線定期便の就航を予定している神戸空港へのアクセス強化に関し、三宮-神戸 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です