市庁舎建て替え計画

神戸市役所本庁舎2号館の再整備方針・構成とスケジュール



神戸市役所本庁舎2号館の再整備を行なう民間事業者を公募する為、選定作業を円滑に行うにあたり必要となる、事業スキームの決定や公募要領・要求水準書の作成等に関する支援を行う事業者を募るコンペによってPwCアドバイザリー・日総建共同体が選定されました。


この後に開催された第5回都心三宮再整備推進会議にて本庁舎2号館の再整備についても協議が行われ、現況と整備方針についても一歩踏み込んだ説明が実施されました。再整備には現2号館及び同別館、エネルギーセンター、旧花時計/現クーリングタワーを含めた敷地を対象とし、まずは3号館跡に新中央区総合庁舎を建設すると共に3つの庁舎ビルを結ぶ存在となる新エネルギーセンターを南側に整備。三方の庁舎と連絡デッキで結びます。同センター2階には連絡ロビーを設ける予定です。その後、新庁舎ビルの建設工程に移ります。


計画される建物構成方針として、基壇部をにぎわい・商業施設とし、北側にオフィスやホテルとなるにぎわい・集客機能を備える高層棟、中央に音楽専用ホールを想定した文化・芸術機能、南側に行政機能を持つ庁舎という複合施設とするようです。北側の高層化によって1号館との間にスペースを創出できる他、デザイン面でも1号館の縛りを受けずに済むというメリットも生じます。


想定される床面積ですが、新庁舎・にぎわい施設が5.5万平方メートル。5万平方メートルの1号館と同等規模という当初案を維持しているようです。エネルギーセンターを加えると6万平方メートルに達します。


今後のスケジュールですが、今年度から来年度に掛けて民間事業者を決定しつつ、エネルギーセンターの建設と現庁舎の解体を進めます。新庁舎兼複合施設の建設は23年度からとし、完成は26年度以降を想定しています。



PwCアドバイザリー・日総建共同体のプロポーザル時には再整備案を提示したものと思われます。高層棟の規模や高さを1号館に対してどの程度に設定するのか。オフィスとホテルの割合はどうなるのか。バスターミナルビルがオフィス中心でしたので、こちらはホテルの割合が高めになる可能性もあります。6年後にはツインタワーが南北に並ぶ様が見られると思うとワクワクしますね。

関連記事
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 市庁舎シティの拡大が進行中 再整備後には1号館は最も古い庁舎に

2023年11月17日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市役所本庁舎2号館跡地の敷地南側で建設の進む(仮称)連絡ロビー・エネルギー施設。鉄筋コンクリート造の躯体構築が進行していますが、 …
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 遂にほぼ建物全景をお披露目!

2024年3月14日
こべるん ~変化していく神戸~
遂にほぼ全ての足場撤去が完了し、全方位に渡って建物全貌が明らかになった連絡ロビー・エネルギー施設。神戸市役所2号館跡地で完成の近づく …
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 建物外観完成部分のお披露目が始まる

2024年1月4日
こべるん ~変化していく神戸~
いよいよ今月末の竣工を予定している連絡ロビー・エネルギー施設。神戸市役所本庁舎2号館の跡地南側で建設されている再整備計画の先行プロジ …
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 躯体工事が進行中 北側敷地の複合ビルについても準備調査を開始

2023年6月29日
こべるん ~変化していく神戸~
地下階躯体工事から地上階躯体の構築する工事が開始されている連絡ロビー・エネルギー施設。既に工事は2〜3階に移行中のようです。  …
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 杭工事完了で掘削が開始される 2号館再整備事業者の発表遅れの要因は?

2022年8月24日
こべるん ~変化していく神戸~
2月末に本格着工した市役所本庁舎2号館跡の(仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事。半年が経過し、間もなく躯体構築準備に着手する …
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)新中央区総合庁舎他建設工事 鉄骨建方が敷地全体で進行 基壇部のピロティも構築が始まる

2021年7月22日
こべるん ~変化していく神戸~
地上躯体の建設工事が本格化した(仮称)新中央区総合庁舎他建設工事。大林組のオレンジマストが特徴的な2機のタワークレーンで鉄骨工事を進 …
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 地上1階の躯体工事が開始される 建物構造は鉄筋コンクリート造?

2023年3月8日
こべるん ~変化していく神戸~
竣工までの工期は残り10ヶ月となった連絡ロビー・エネルギー施設。北側の市役所2号館跡地に建設される複合ビルの第一段階として計画されて …
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 杭工事が進行中 丸五基礎工業の独断場

2022年6月26日
こべるん ~変化していく神戸~
本格着工している市庁舎2号館跡の連絡ロビー・エネルギー施設。間もなく開館する向かいの新中央区総合庁舎・文化センターと合わせて、庁舎シ …

POSTED COMMENT

  1. sirokuma より:

    大まかな工程が決まりやっと具体化してきましたね今後が楽しみです。ここに音楽ホールを整備するのは中々良い事だと思います。
    ただ、ここに造るなら、国際会館もあるしバスターミナルのホールは不要じゃないでしょうか?と言うより、こんなサイズのホールを都心部にいくつも作るより、さいたまスーパーアリーナのような、大イベントの開催が可能な施設整備こそ神戸には必要だと思います。
    神戸には体育館もホールも中途半端なサイズしかないから国内外の人気アーチストの講演が無いに等しい状況ですから。
    街のポテンシャルを引き出し活かす投資になると思うのですが、市民の憩いの場目線の行政では、神戸は若年人口が減り続けるばかりでしょう。
    久元さんの施策は終活思想とでも言いますか、神戸市を終活の街にするつもりなのかもです。(笑)

    • しん@こべるん より:

      アリーナは是非とも欲しいですね。新港町の一部の土地を当てられないでしょうか。もしくはかもめりあの裏の駐車場。もしくは波止場町の駐車場場(オークラの北側)。

  2. 中央区民 より:

    大阪は万博記念公園に関西最大級アリーナ作るとか言ってますし、夢洲には巨大IR施設が出来ることになります。
    そういったことを全く意識していないのでしょうかね?神戸市は。

    コンベンションセンターの建て替えも進まない、ポートターミナルの建て替えも進まない、中規模ホールばかりが乱立。気付いたときには手遅れです。

    • しん@こべるん より:

      sirokumaさんへのコメント返信にも書きましたが、オークラ裏のメリケン駐車場なんてうってつけの市有地がありました!商業利用には微妙ですが、アリーナなら良いのでは??

  3. kkbb より:

    音楽、しかもクラシック用、あるいはジャズ用のホールばかりの神戸市のハコもの造り。
    久元市長と愛妻の嗜好で、はたまた神戸新聞の洗脳で音楽の街と銘打たれても、クラシック系ばかりではたまったもんじゃありません。
    やはり神戸に今必要なのはアリーナですよね?
    「音楽ほど人を感動させるものはない」
    故伊丹十三監督の言葉です。
    しかし音楽はクラシックだけではありません。
    ポップス、ロック、ブルース、演歌、大衆が迎合するものが中心でなければいけないでしょう。
    神戸市は、神戸市民は地味でなければいけないなんて誰も思っていません。なぜカッコよくしてはいけないんでしょう?
    若者は地味ではいけませんね。
    今一度、カッコよさを一度追及すべきです。

    • しん@こべるん より:

      ある意味、市長は格好付けなのでしょう。大衆文化よりもクラシックやジャズ等を洗練された上流文化として考え、そういった文化が神戸には相応しいと。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です