特集・シリーズ

神戸市今年度公共事業工事発注予定プロジェクトPart1 第2四半期(7〜9月期)

cityhall0203-01.jpg

神戸市は7月に今年度に発注を予定する公共工事についての更新リストを発表しました。この内容について具体的に各プロジェクトを取り上げてみたいと思います。まずは第2四半期(7〜9月期)に予定されている工事です。

第2四半期 磯上公園周辺道路改良工事



対象: 中央区八幡通2丁目他
工期: 約9か月
施工内容: 街渠工・舗装工他
発注予定価格: 1億円以上5億円未満

昨年度に完成した磯上公園の市立磯上体育館ですが、体育館を取り巻く市道は電線・電柱もそのままな他、歩道もアスファルト舗装に据え置かれていました。周辺道路の改良工事を実施し、公園周りの景観を向上させます。

第2四半期 磯上公園再整備工事



対象: 中央区八幡通2丁目
工期: 約9か月
施工内容: 広場整備、遊具整備、施設整備他
発注価格: 1億円以上5億円未満

周辺道路改良工事に加えて、磯上グラウンドの南側の再整備を進めます。中央に芝生広場を設ける他、東側には散策路や流れを設けるヒーリングガーデンを整備する予定です。

第2四半期 三宮北交差点改良工事(その2)



対象: 中央区加納町4丁目
工期: 約8か月
施工内容: 歩道舗装美装化工
発注価格: 250万円超1億円未満

7月末に一旦、完了を迎えた三宮北交差点改良工事。交差点の北側を中心として、まだアスファルトの簡易舗装で終わってしまった工事を完成させ、インターロッキング舗装ブロックで仕上げを行います。

第2四半期 葺合南37号線パークレット設置工事



対象: 中央区御幸通
工期: 約6か月
施工内容: パークレット設置
発注価格: 250万円超1億円未満

神戸市と神戸阪急は三宮活性化に関する包括提携を締結しましたが、その一環として、本館と別館の間の葺合南37号線のにぎわい創出の為、ブルーボトルコーヒー前にパークレットの設置を進めます。

第2四半期 岡場駅前広場再整備工事その1



対象: 北区藤原台中町1丁目
工期: 約19か月 上屋新築、排水構造物工、舗装工、道路付属施設工
発注価格: 1億円以上5億円未満

鈴蘭台地区に並んで北区東エリアの拠点となる岡場駅前の広場再整備がいよいよ開始されます。まだ足を踏み入れた事のないエリアですが、近日中に着工前の様子を取材しておきたいと思います。

第2四半期 新港2突基部倉庫とりこわし工事



対象: 中央区新港町
工期: 約13か月
施工内容: RC造5階建て延べ約22470㎡のとりこわし工事一式
発注価格: 5億円以上10億円未満

神戸アリーナの建設が進む新港第2突堤の基部にある旧住友倉庫の大型倉庫をいよいよ解体し、更地化します。また跡地再開発の事業者公募に備える事になります。

三宮再整備やウォーターフロント、リノベーション神戸のプロジェクトが続きます。第3四半期、第4四半期も様々なプロジェクトが発注される予定となっています。
関連記事
特集・シリーズ

今後の神戸のオフィスマーケットの展開 大中のプロジェクトが目白押し 今後の新規開発にも期待高まる

2022年12月1日
こべるん ~変化していく神戸~
この10年の神戸都心の不動産マーケットを振り返ってみると、タワーマンションの建設ラッシュがひと段落付いた頃から、訪日客急増に伴うビジ …

POSTED COMMENT

  1. Hat-k より:

    アトア周辺の電柱地中化は結局いつ行われるのでしょうか。景観が悪くて仕方ない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です