神戸駅周辺

神戸大学楠キャンパス福利厚生施設整備運営事業 来月末の竣工予定 タリーズコーヒーも6月オープン



神戸大学医学部附属病院を擁する神戸大学楠キャンパス内でJA三井リース建物が大学福教職員及び学生の福利厚生・教育研究活動及び課外活動施設の充実に加えて病院利用者へのサービス向上を図る建物を建設してしましたが、遂に竣工の兆しが見えてきました。

プロジェクト概要








所在地 神戸市中央区楠町7-5-1, 7-5-2
事業者 JA三井リース建物株式会社
敷地面積 42,397.11㎡
延床面積 6,711.81㎡
規模 地上7階
高さ 39.16m
構造 鉄骨造
用途 大学 物販店舗 飲食店舗
設計 大林組
施工 大林組
着工 2021年12月
竣工 2023年5月末



建設状況の様子



前回の取材は昨年の9月に鉄骨建方が開始されて以来、実に7ヶ月ぶりの取材となってしまいました。既に5月末の竣工に向けて仕上げ工事が進行中で、建物外観は殆ど完成しているようです。



地上7階建ての建物は、1-3階の低層部をカーテンウォールで覆い、4-7階はサイディングの上にアルミのマリオンを細かく格子状に取り付けた外装です。上層部の開口は限られています。



マリオンで覆い隠す事で建物が一つのフォルムとして成り立っているようです。



物販店舗や飲食店が出店する低層部。ガラス張りのフロアには学生や附属病院の来院者が利用できるカフェ等の開業も見込まれており、地域の賑わいへの貢献も期待されています。



カフェには大手チェーン店が出店する事になるのかと思っていましたが、誘致されるテナントが決定したようです。



出店するのはタリーズコーヒー。「タリーズコーヒー神戸大学病院(仮)店」として、6月1日(木)のオープンを予定しています。タリーズコーヒーは名谷の駅ビル「tete名谷」の北ゾーンにも今夏の出店が決定しています。



神大病院内には既にドトールが出店していますが、タリーズコーヒーは、より街に開かれた形での出店となります。他にもコンビニや書店等の開業も見込まれる事でしょう。



2-3階には屋外歩廊も設けられており、アクセスする階段が南面に構築されています。



南側には大きめの公開空地も整備されるようです。



県道428号線沿いの為、非常に車の通りは多いものの、周辺にはこれまであまり店舗は存在せず、人通りはどちらかと言えば少なかった交差点周りに賑わいをもたらし、人の流れを作る施設としての機能に期待大です。



予定通りの工期で竣工を迎える予定の神戸大学楠キャンパス福利厚生施設。完成と低層部の商業フロアの開業が楽しみです。
関連記事
神戸駅周辺

JR神戸駅前 小野ビル・森下ビル・広崎ビルが閉鎖 建て替えへの動き? 駅前広場再整備を期待した不動産活性化の始まりか?

2023年7月12日
こべるん ~変化していく神戸~
JR神戸駅北側の駅前広場に面して立つ小野ビル、森下ビル、広崎ビル。地上4階建ての雑居ビルで、近頃、これらの建物が閉鎖されました。  …
神戸駅周辺

日本郵政が全国の保有施設20ヶ所の複合開発に乗り出す!神戸中央郵便局は開発対象とならない?神戸用地とは?

2023年9月23日
こべるん ~変化していく神戸~
日本経済新聞が報じたところ、日本郵政が全国に保有する郵便局や社員寮等、20ヶ所以上の施設について、複合施設として建て替える再開発を行 …
神戸駅周辺

神戸駅前大晶ビル新築工事に伴う解体工事 月末に解体完了 新築工事へ 神戸駅北口は広場再整備以上のプランが必要

2021年6月5日
こべるん ~変化していく神戸~
村上工務店の施工で工事が進められているJR神戸駅北口前の神戸駅前大晶ビルの解体撤去。2棟の老朽化したテナントビルを解体して、東西の土 …
神戸駅周辺

メトロこうべ地下通路美装化工事 一部の天井美装化が早くも完成 デュオこうべも最終未着手区間の美装化を進める

2021年11月19日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸高速鉄道株式会社と阪神電気鉄道株式会社は7月から神戸高速線新開地駅と高速神戸駅を連絡する地下通路「メトロこうべ中間通路」の美装化工事 …
神戸駅周辺

神戸大学楠キャンパス福利厚生施設が完成 1-2階のテナントフロアも開業 神明グループのテナント多数出店によるフードホールが出現

2023年6月7日
こべるん ~変化していく神戸~
6月1日に神戸大学楠キャンパス内に福利厚生施設が完成、開業しました。 県道428号線に面した角地には、神緑会館・保健管理センタ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です