雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 勤労会館は完全消滅 サンパルや東横INNも半分の規模に縮小



サンパルを皮切りに街区内の既存建物解体撤去が開始されてから約10ヶ月が経過した神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業の事業地区。既に全建物の解体が進行中ですが、工事の進捗が顕著になってきました。



最も解体工事のスピードが早かった勤労会館についてはほぼ地上躯体の撤去が完了しつつあり、今後、地下躯体や障害物撤去に移行しつつあります。



地下の構造が既に剥き出しです。まだ1階の一部の壁が残っていますが、ほぼ瓦礫の状態となりました。



勤労会館が消滅した事で、背後の旧中央区総合庁舎や東横INN等の様子もより明らかになってきました。



街区内の1棟でも撤去が進むだけでも、ここまで開放感が出てくるとは思いませんでした。中央幹線の向かいの建物まで視界が開けました。



サンパルについても、かなりの縮小が進んできました。もう当初の半分程度の大きさになっているのではないでしょうか。



西側のあじさい通りから見ても後方の高層部が見えなくなってしまいました。



このサンパルの地上躯体が撤去されると、一挙に開放感が高まるでしょう。



東横INNとサンパルは同程度の高さとなりました。



規模の最も小さい東横INNが恐らく次に消滅する建物ではないかと思われます。



7月には新築ビルの建設工事に着手予定なので、今後4ヶ月で一気に残りの解体を進めていく事になるでしょう。



ようやく約1ヘクタールに及ぶ街区の更地化に向けた道筋が見えてきました。本体工事はかなり長い期間が地下工事に費やされるものと思われます。地上部の鉄骨建方が開始されるのは、2025年頃からでしょうか。夏以降には複数の掘削機が投入され、まさに大規模再開発が始動した様子が拝める事になるでしょう。

関連記事
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 バスターミナル運営権のコンセッション導入手続を開始

2024年1月29日
こべるん ~変化していく神戸~
ビル本体の建設工事と既存建物の解体撤去工事が敷地内で同時進行している神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。2027年12月 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 サンパル・勤労会館・総合庁舎の解体撤去工事に着手

2022年9月30日
こべるん ~変化していく神戸~
来年10月より新築建物の建設工事に着手する為、街区内の既存建物の解体撤去が本格的に進められている雲井通5丁目再開発地区。サンパル、勤労会 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 街区の完全更地化はもう目前 この再開発によって都心軸は東へと移動するのか

2023年6月5日
こべるん ~変化していく神戸~
今夏7月より再開発ビル本体の建築工事を開始予定の雲井通5丁目再開発。約1ヘクタールの開発用地誕生まで秒読みに入りました。  …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 解体工事から新築工事にいよいよ移行中か

2023年12月8日
こべるん ~変化していく神戸~
大規模な建設工事が進行中の神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。仮囲いに掲げられた工事名称も解体工事と新築工事の双方が明示 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 開発街区内建物全てが足場・防音パネルに覆われ始める 来夏の着工に向けて本格解体へ

2022年11月23日
こべるん ~変化していく神戸~
先週には雲井通5丁目再開発株式会社より概要と図面の発表が行われた雲井通5丁目再開発のバスターミナルI期ビル。今年5月よりサンパルの閉 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です