雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 敷地全体で掘削が進み乗り入れ構台の設置も開始



サンパルの解体工事開始から既に2年が経過した雲井通5丁目再開発プロジェクト。次世代の三宮におけるランドマークタワーの誕生に向けて残り3年の工期が残されています。



0.8ヘクタールに及ぶ広大な敷地全体で掘削工事が進行しています。非常に大規模でまさに圧巻のスケールです。



地下3階建の建物の為、地中深くまで掘削それた敷地北側。乗り入れ構台の支柱となるH剛が建て込まれています。



深くまで掘り下げられた北側。北側の山留壁同様に東側も二段階に山留が構築されています。地下3階には更にもう1フロア分を掘削するのではないかと思われます。



東側のゲートに沿った部分より乗り入れ構台の設置が開始されました。



加えて敷地南側でも掘削が開始されています。山留壁の構築も完了しています。



これ程の建築面積の開発が都心エリアで行われるのは、ハーバーランドや新神戸オリエンタルシティ、ホテルオークラ神戸を除けば、恐らく1960年代のさんプラザの建設以来初かと思われます。さんプラザの建築面積は6,600平方メートル、センタープラザ東館は6,263平方メートル。



乗り入れ構台は敷地中央に位置し、西側に向かって伸びています。



再開発準備組合が発足し、竹中工務店に事業協力者が決定している雲井通6丁目北地区。年度内に都市計画決定を目指していますが、そろそろ何らかの次の動きが生じて欲しいところです。竹中が再開発ビルについてどのような内容を示しているのでしょうか。



I期ビルには都心に必要とされる全ての要素を独り占めに詰め込みました。II期ビルはより三ノ宮に近接し、ミント神戸との連携もとりやすい位置に立地し、かつては百貨店も営業していた場所です。商業利用価値はI期よりも高いと言えます。

関連記事
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 遂に旧中央区総合庁舎も白箱化 その他の建物も縮小化が続く

2023年2月21日
こべるん ~変化していく神戸~
今年7月の着工に向けて、着々と街区内既存建物の解体が進む雲井通5丁目の再開発地区です。サンパルも上層階からどんどん縮小し始めていますが、 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 残る工期3ヶ月で既存建物消滅のカウントダウン開始

2023年4月13日
こべるん ~変化していく神戸~
7月からビル本体の建設工事に着手する為、解体工事は残り3ヶ月となった雲井通5丁目再開発プロジェクト。最後に解体を開始した旧中央区総合庁舎 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業にかかる「特定事業参加者」「特定業務代行者」を公募

2020年8月8日
こべるん ~変化していく神戸~
バスターミナルを中心とした複合再開発を計画する神戸市と雲井通5丁目再開発株式会社が「特定事業参加者」と「特定業務代行者」の公募を広告しま …
雲井通5・6丁目再開発

新・三宮バスターミナルは国営施設に 国交省の主導でバスタ整備を全国で強化 年度末までに事業計画案はとりまとめられるか?

2020年3月14日
こべるん ~変化していく神戸~
雲井通5丁目再開発事業によって建設が予定されている超高層複合ビルの低層部に開設されるバスターミナルですが、この床を国土交通省近畿整備局が …
雲井通5・6丁目再開発

雲井通5丁目再開発ビル内の新・神戸文化ホール整備にかかる設計等・管理運営計画策定支援業務委託事業者決定

2022年6月18日
こべるん ~変化していく神戸~
雲井通5丁目に計画されている再開発ビルの低層部4-8階に整備される予定の文化大ホールは、1,800席程度を想定しています。 この大 …

POSTED COMMENT

  1. さんたん より:

    ここには建築計画のお知らせは掲示されないのでしょうかね。「雲井通5丁目再開発ビルの構成」に、再開発ビルの概要として載っているのが、建築計画のお知らせに当たるのでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です