雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 大規模な掘削工事が進行中 サンパル解体開始から2年が経過



サンパルの解体工事が開始されたのは2022年5月。それ以来、約2年が既に経過した神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。バスターミナルI期ビルの建設工事は、本体工事着工からも半年が過ぎた事になります。



基礎構築に向けて山留工事が進行してきましたが、現在は敷地北側を中心に掘削工事が行われています。



もうかなり深くまで掘削が段階的に進められています。地下3階までの深さがあります。



JR三ノ宮駅ビルの高さが156.2mに縮小した為、三宮の最大のランドマークは、このバスターミナルI期ビルとなります。



暫定的なスロープと乗り入れ構台を支えるH剛の柱が建て込まれています。敷地は北側に向かって深くなっていますが、南側も最終的には同じ深さまで掘り進められるのでしょうか。



まだ工期は3年以上ありますが、まだ今後1年程は地中・地下を中心とした工事が継続されるのではないかと思われます。地上躯体の鉄骨建方やタワークレーンの登場は来年のGW位かと推測します。この規模の建物ですので、投入されるタワークレーンは最低4機もしくはそれ以上になるのではないでしょうか。神戸都心エリアにおける最大級の開発工事を目撃できる事は幸運であると言えるでしょう。

関連記事
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業の権利変換計画認可と計画概要を公式発表! 次世代のランドマークタワー誕生!

2022年6月4日
こべるん ~変化していく神戸~
一昨晩、神戸新聞が単独でスクープ記事を掲載し、神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業のイメージパース数点が公表されていました …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 街区内建物の解体はいよいよ大詰めに入る 新バスターミナルと既存バスターミナルの運用について考える

2023年5月22日
こべるん ~変化していく神戸~
最終的には関西エリア最大級のバスターミナルへと成長する計画を有する雲井通5・6丁目の再開発事業。I期計画である5丁目街区内の既存建物 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 山留工事が本格化 周辺エリアへの開発波及は見込めるか?

2023年12月22日
こべるん ~変化していく神戸~
大規模な基礎工事と解体工事が同時進行している神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。未来の三宮のランドマークとのる高さ163 …
雲井通5・6丁目再開発

雲井通5丁目再開発事業協力者の募集開始!

2018年6月26日
こべるん ~変化していく神戸~
ヴィーナステラスを眺望点とする都心部建物に対する高さ規制導入に反対される方はこちらをクリック (神戸市に提出する為、皆様からの反対意見を募集しています)神戸市が高層ツインタワーとな …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です