雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 解体工事から新築工事にいよいよ移行中か



大規模な建設工事が進行中の神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。仮囲いに掲げられた工事名称も解体工事と新築工事の双方が明示されており、着々と進捗しています。



数多く投入されている丸五基礎工業の大型クローラークレーンは現在、敷地の南東側に集中しています。



この区画に最後まで残っていた旧中央区総合庁舎がありました。この地中障害物をオールケーシング工法で行なっている模様です。



解体が先行したサンパルのあった区画は地中障害物撤去も完了し、先行して次工程に進めていくようです。

作業予定には山留工事が記載されていました。



ここで初めてこの現場で三点式パイルドライバの姿を確認!



その横にはH鋼が並べられていました。ただ既にH鋼木矢板を使った山留壁の姿は確認できています。

山留工事は、まだ山留壁が構築されていない部分に同様の矢板壁を作る事を意味しているのか、はたまたこれらはまだ仮設山留で、新築工事に対しては、より強固な山留壁を構築していくのでしょうか。



この建物は地下3階まで存在する大規模ビルです。現在の山留では不十分であり、やはりより強固な山留壁が必要なのではないかと思われ、その工事に三点式パイルドライバが投入されたのではないでしょうか。



サンパルのあった区画では掘削が進んでいるようです。



神戸市内の工事の仮囲いには様々な情報が盛り込まれていますが、この建設現場もその例に漏れず、ビルの情報や三宮再整備のプロジェクトについての情報に溢れています。



既に雲井通5丁目再開発株式会社のホームページでも公開されている新たなビル内外のパースが仮囲いにも掲示されました。より高解像だったので掲載します。

JR三ノ宮駅前から続く新歩行者デッキのディテールもつぶさに確認できます。



中央幹線側から歩行者デッキより再開発ビルの屋外歩廊へと接続する導入部の様子です。



バーティカルパッサージュの様子です。



雲井通5-7丁目の再開発ビルを束ねて三宮EASTとしてエリアマネジメントを進めていく構想が進められています。JR三ノ宮駅前に立地し、開発が進行すると、あじさい通りの北側の雑居ビル街も何らかの形で整備が進む事になるのではないかと思います。



特に6丁目北の再開発が完了すると、JR三ノ宮駅高架下の神姫バスターミナルが、バスターミナルビルに完全集約化される為、新改札口が整備される可能性が出てきます。



実現すれば名実と共に駅前エリアと生まれ変わる三宮EAST。都心の東進は必然かもしれません。

 
関連記事
雲井通5・6丁目再開発

神戸市文化スポーツ局が文化大ホールと三宮図書館の移転とその概要について発表 雲井通5丁目バスターミナルI期ビル

2024年5月25日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市文化スポーツ局は、雲井通5丁目で建設の進むバスターミナルI期ビル内に整備する文化ホール及び三宮図書館についての概要を突如、発表 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 街区内建物の解体はいよいよ大詰めに入る 新バスターミナルと既存バスターミナルの運用について考える

2023年5月22日
こべるん ~変化していく神戸~
最終的には関西エリア最大級のバスターミナルへと成長する計画を有する雲井通5・6丁目の再開発事業。I期計画である5丁目街区内の既存建物 …
雲井通5・6丁目再開発

雲井通5丁目再開発ビル内の新・神戸文化ホール整備にかかる設計等・管理運営計画策定支援業務委託事業者決定

2022年6月18日
こべるん ~変化していく神戸~
雲井通5丁目に計画されている再開発ビルの低層部4-8階に整備される予定の文化大ホールは、1,800席程度を想定しています。 この大 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮駅前空間整備事業計画検討会第2回会合で判明したバスターミナル検討案についての一部詳細

2020年1月4日
こべるん ~変化していく神戸~
国土交通省近畿事務局と神戸市は国道2号線を含む三ノ宮駅前交差点エリアの再整備構想(三宮クロススクエア構想)と雲井通5・6丁目に計画するバスタ …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 敷地全体で掘削が進み乗り入れ構台の設置も開始

2024年5月14日
こべるん ~変化していく神戸~
サンパルの解体工事開始から既に2年が経過した雲井通5丁目再開発プロジェクト。次世代の三宮におけるランドマークタワーの誕生に向けて残り …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 山留工事が本格化 周辺エリアへの開発波及は見込めるか?

2023年12月22日
こべるん ~変化していく神戸~
大規模な基礎工事と解体工事が同時進行している神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。未来の三宮のランドマークとのる高さ163 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 勤労会館の解体撤去工事開始 全体街区の解体準備整う

2022年9月3日
こべるん ~変化していく神戸~
雲井通5丁目の再開発始動に伴い、閉館した神戸市勤労会館の解体撤去工事も開始されました。建物を足場と防音パネルで覆い始めています。  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です