雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 サンパル完全閉館・本格解体を開始



新築された新中央区総合庁舎・中央区文化センター、磯上体育館、KIITO三宮図書館が開館し、雲井通5丁目地区は、東横INN神戸三ノ宮IIを除いて、全ての建物が閉館しました。大規模再開発プロジェクト始動に向けた準備が着実に整っており、地上32階建ての超高層複合ビルの誕生に向けて本格的な前進を開始しました。

プロジェクト概要

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業



事業名称 神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業
施行者 雲井通5丁目再開発株式会社
施行区域 兵庫県神戸市中央区雲井通四丁目345番の一部,346番,347番の一部,同五丁目301番, 302番,303番,317番,318番,319番,320番の一部
区域面積 約1.3ヘクタール
敷地面積 約8,230㎡
延床面積 約98,570㎡
建物構造 鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造
階数/高さ 地下2階 地上32階 塔屋2階/約163m
主要用途 商業施設、バスターミナル施設、公益施設、業務施設、宿泊施設 公共施設
設計 大林組 三菱地所設計 坂茂建築設計 東畑建築事務所
施工 大林組

解体着手 2022年6月
完成予定 2027年頃

市道葺合南146号線を幅員18mに道路拡幅





バスターミナル

bustabuild05.jpg

bustabuild08.jpg

バーティカル・パッサージュ

bustabuild07.jpg

三宮図書館

bustabuild06.jpg

屋上庭園



EVOL HOTEL KOBE





屋外歩廊空間











現況の様子



先行閉館した商業施設サンパルは、1階西角のベーカリー「KÖLN」やみなと銀行のATMのみが最後まで営業していましたが、遂にこれらも移転・閉店し、あじさい通りの北面、サンシティに面した西面は完全に仮囲いに覆われました。



1階北側は店舗に面して歩道がサンパルの敷地内にあったので、歩道も一緒に閉鎖となりました。



従って必然的に人々は車道を通行するようになりました。と言っても、あじさい通りは既に事実上の歩行者専用道路なので、これまも車道、歩道を分け隔てる必要もありませんでしたが、人々は律儀にも歩道を歩く人が圧倒的でした。サンパルの軒下は日差しを防げるのもメリットだったかと思います。

再開発によってどこまでこの通りを美しく変える事ができるか。電線地中化とプロムナード化は是非とも成し遂げるべきです。



サンパルの上層階も足場と防音パネルにほぼ覆われ尽くしています。本格的に重機による躯体解体が始まる事でしょう。



サンパルの解体は来年10月までの工期が必要とされています。再開発街区全体が更地となるのはいつ頃になるでしょうか。



配管した勤労開館。まだ解体が開始される気配はありません。



東横INNは今月末に営業を終了します。このホテルの閉館を待って、中央区総合庁舎と勤労開館を一体的に解体するものと思われます。エリア全体の更地化は来年冬位になるでしょうか。都心のターミナル駅前エリアに約1ヘクタールの更地が生まれる事になります。



これと呼応するように、雲井通6丁目の中央幹線歩道で地質調査が行われていました。雲井通5丁目再開発ビルに接続する歩行者デッキの延伸工事の設計に必要な準備調査かと思われます。
関連記事
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目第一種市街地再開発事業 サンパルの解体は5月以降に着手予定!街区内で先陣を切る!?

2022年3月14日
こべるん ~変化していく神戸~
いよいよ2022年度に始動する雲井通5丁目市街地第一種再開発事業。都心の駅前に立地する約0.8ヘクタールの敷地に存在する再開発ビルや公共 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 公開された図面から読み解くバスターミナルI期ビル その1(立面図・断面図)

2022年11月14日
こべるん ~変化していく神戸~
街区内の既存建物解体を本格解体している神戸三宮雲井通5丁目再開発事業。事業を進める雲井通5丁目再開発会社がその概要を発表し、建物の詳 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 サンパルを覆う足場設置の仮設工事が開始される 勤労会館も今週閉館

2022年6月27日
こべるん ~変化していく神戸~
6月上旬に電撃的な開発概要が発表された神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。開発街区内では先行してサンパルが閉館。1階のご …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 最新図面から読み解く再開発ビルの詳細 Part1

2024年1月9日
こべるん ~変化していく神戸~
昨年9月に起工式を執り行い、現在既にビル本体の建設工事が進行中の神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。昨年末に、再開発ビル …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 解体工事から新築工事にいよいよ移行中か

2023年12月8日
こべるん ~変化していく神戸~
大規模な建設工事が進行中の神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。仮囲いに掲げられた工事名称も解体工事と新築工事の双方が明示 …
雲井通5・6丁目再開発

三宮駅周辺の中・長距離バス乗降場の集約にかかる基本計画アドバイザー募集の結果公表

2017年3月29日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市が雲井通5-6丁目で計画しているバスターミナルを併設した再開発ビルプロジェクトに関し、昨年より基本計画策定未に向けて民間アドバイザーを …
雲井通5・6丁目再開発

新・三宮バスターミナルは国営施設に 国交省の主導でバスタ整備を全国で強化 年度末までに事業計画案はとりまとめられるか?

2020年3月14日
こべるん ~変化していく神戸~
雲井通5丁目再開発事業によって建設が予定されている超高層複合ビルの低層部に開設されるバスターミナルですが、この床を国土交通省近畿整備局が …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 敷地全体で掘削が進み乗り入れ構台の設置も開始

2024年5月14日
こべるん ~変化していく神戸~
サンパルの解体工事開始から既に2年が経過した雲井通5丁目再開発プロジェクト。次世代の三宮におけるランドマークタワーの誕生に向けて残り …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です