六甲アイランド

神戸ファッションプラザRinkにヤマダストアーが24年春に出店 商業棟の全面再開業に向けて始動 大栄環境が推進



六甲アイランドの大型複合施設「ファッションプラザ神戸」の商業棟Rinkに来春、高級食品スーパーの「ヤマダストアー」が出店する事が判明しました(hanabiさん、情報ありがとうございました)。



Rinkを2019年に取得した大栄環境が公式プレスリリースを発表し、同施設の1階及び中2階にヤマダスストアーを誘致します。同社は建物取得に伴って、この商業棟の6-7階・2フロアにグループ本社を移転させていました。



同社は建物取得後、商業棟の早期営業再開を目指していましたが、タイミングが悪くコロナ禍に見舞われた為、テナント誘致は難航し、再開業の目途を付けられない状況が続いていました。



この間、建物のアトリウム空間「サン広場」や神戸ファッション美術館・神戸ゆかりの美術館を保有する神戸市は、アトリウムをにぎわい拠点としてリニューアルする事を決定。湊川公園に設置して人気を集めていた大型遊具「ふわふわドーム」をサン広場にも設置しました。



湊川公園同様にこの大型遊具の人気は高く、商業棟の閉鎖後、閑散としていたサン広場は週末を中心に多くのファミリーで賑わうようになってきました。



ヤマダストアーは、兵庫県揖保郡太子町に本社を置き、兵庫県南西部を中心に、県内で現在8店舗を展開するスーパーマーケットで、持続可能な最高品質のオーガニック・自然食品を販売する事で高い人気を誇ります。神戸市内では、須磨区高倉台の県立こども病院跡地に開業したオープンモール商業施設「TerrasMa(テラスマ)」の中核施設として1号店がオープンし、高い集客力を維持しています。



ヤマダストアーの誘致は、この商業施設の営業再開に大きな後押しとなる事は間違いありません。人気の高い食品スーパー開業による集客性の高さについては、長田区の アスタくにづか3番館にロピアが出店した事でも示されています。



大栄環境は、その他のフロアについても改装工事を進めており、利便性の高いテナントや、アクティビティを楽しむ施設等を誘致する計画で、神戸ファッションプラザの公式ホームページもリニューアルしました。

https://www.kfp.co.jp/

「緑が溢れ、マルシェのようにショッピング、親子、友達とアクティビティを楽しむ場所、人と人との触れ合いが生まれる、まるで公園のような、六甲アイランドだけではなく、周辺・広域エリアからも愛される施設を目指す」としています。



建物の11-18階の「ホテルプラザ神戸」は信和建設が取得し、客室全室をリニューアルオープンさせています。



館内では、コロナ禍の間、少しずつ共用部のリニューアルが進められており、全面再開業の準備は着実に行われてきた模様です。



かつてはMOVIX六甲を中心として、好感度の高いテナントを多く集め、六甲アイランド島内だけでなく、神戸市内や阪神間からも集客し、高い人気を誇っていたRink。その造りの良さは今も色褪せていません。



六甲アイランドでは、かつて誇っていた業務・商業拠点としての機能は低下してしまった事は否めませんが、良好な住環境が整えられた住宅都市としての価値は今でも高い水準を保っており、中央のリバーモールも地域住民で賑わいが絶えません。約2万人の居住人口を抱えており、島民の利便性を追求する施設としてのニーズのみでもそれなりに高い需要があるのではないかと思われます。



無論、島外からの集客が行えるに越した事はありませんが、六甲アイランドは無理にかつての栄華を追う事はせず、洗練された住宅都市としての機能を高めていくべきかと思います。民間保有の旧P&G本社ビルや市外郭団体の運営する神戸ファッションマート等の業務ビルも、いっその事、神戸市が買い取って、タワーマンションを建設する事を前提として民間デベロッパーに譲渡し、市外からの転入を増やす受け皿にすべきではないでしょうか。人口の自然減が加速する中、目先の人口増は追わない等、悠長に言っている場合ではありません。

兎にも角にも、24年春のRinkの営業再開に目途が付いた事は喜ばしいですね。他フロアのテナント続報の期待大です。

関連記事
六甲アイランド

ROKKO i PARK (六甲アイパーク)が神戸ファッションプラザ内に開業 新たな集客拠点として復活できるか

2024年3月8日
こべるん ~変化していく神戸~
大栄環境が買い取り、同社の本社を入居させ、更に残りのフロアを商業施設として再出発する為に改修工事を進めてきた六甲アイランドの大型複合 …
六甲アイランド

六甲アイランド・リバーモール足湯施設の建設が開始される 来春完成予定 神戸空港国際化で島は息を吹き返すか

2022年12月18日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は六甲アイランドの活性化策の一つとして、シンボルとなるリバーモール空間を活用し、新たに足湯施設を設置する計画を進めています。  …
六甲アイランド

六甲アイランド・デカパトス立体駐車場を解体撤去 区画一体を売却か?幻のアオイア跡地利用はどうなる?

2023年11月22日
こべるん ~変化していく神戸~
六甲アイランドの南側に立地する地上4階建の立体駐車場は、この南側にかつてたったの3年間のみ存在した幻のテーマパークと呼ばれて久しい「 …
六甲アイランド

神戸の見所: 神戸ファッション美術館 改めて感じる神戸ファッションプラザの壮大な造り 有効活用を模索したい

2021年10月31日
こべるん ~変化していく神戸~
六甲アイランド最大の複合商業施設である神戸ファッションプラザ。UFOがドッキングしたような近未来的な外観デザインが非常にユニークなこ …

POSTED COMMENT

  1. Hat-k より:

    こんにちは。
    いつも楽しく拝見させて頂いてます。
    神戸BAL南側のアパレルショップ、エストネーションが今月末で閉店し、グランフロント大阪へ移転するようです。
    ファッション上級者御用達のこのアパレルショップが閉店されるのは大変残念です。
    たしか4階建ての大きな店舗で今後の行方が気になります。
    情報としてあげさせて頂きます。

  2. hanabi より:

    こちらこそ、掲載していただきありがとうございます。
    今のところ1〜5階までがオープン予定だそうですが、8階と9階がどうなるか気になります。

    遂にこのときが来た、と感動してます(笑)

  3. ABC より:

    六甲アイランドは仰る通り住環境を整えてほしいですね。廃れているイメージがどうしてももたれがちですから、市内、市外へのアピールとかも大事だと思います。マンション新規供用しないと始まらないですしね

    あと関係ない話となり恐縮ですが、三宮町1丁目にドン・キホーテがオープンするようです。6月オープンとのことなのでGAP跡とかでしょうか?いずれにしても後の再開発で邪魔するようなことだけはやめてもらえたら大歓迎ですね。

  4. いかなごん より:

    エストネーション神戸店の閉店悲しいです。エストネーション大阪店はもともとLUCUA内にあったと記憶しています。
    来月下旬にドン・キホーテが三宮町1丁目に新店舗を構えるようですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です