ハーバーランド

神戸ハーバーランドumieのリニューアルが進行中 新テナントも続々判明 ノースモールの劇的変化内容はいつ解禁?



行動制限も無くなり、賑わいが本格的に回復していますが、今夏〜秋に掛けて、リニューアルを進めている神戸ハーバーランドの大型商業施設umie。テナントの入れ替えも行っており、一部の退店後に出店する新規テナントが明らかになってきました。



サウスモールの2階では大型区画のテナント入れ替えが進んでいます。



2階の西側入口前の「AZUL by moussy」が閉店し、この後釜には「L.L.Bean」がオープンします。



出店場所はGAPの対面で、開業日は9月15日を予定しています。L.L.Beanは、2年前に長期出店していた旧居留地の神戸店を閉店していたので、umieで再起を図ります。



そして同じく2階でGAP に隣接した「Desigual」の後継には、「CIAOPANIC TYPY」がオープンします。開業はまもなくの8月26日。



オペレーターは、コロニー2139やスリーコインズ等、複数のブランドを持つパルグループです。



サウスモール1階でも動きがあります。既に新規オープンした「RODEO CROWNS」。その隣の「The Body Shop」も21日を以って閉店しました。



そして同じくサウスモール1階には「RAGEBLUE」がリニューアル移転オープンする予定です。



RAGEBLUEは現在、ノースモール2階で営業しています。9月15日にサウスモールへと移転する事になり、その後、サウスモールの区画は閉鎖されて後継テナント出店の内装工事が始まります。



そしてRAGEBLUEを取り囲むように店舗を構える「ZARA」。



この大型店舗はノースモール1階に移る事で更なる大型店に変貌を遂げようとしています。



この移転によって2,000平方メートルを越える大型店に10月に生まれ変わる予定で、umie内でH&MやGLOBAL WORKに匹敵する店舗面積を有する事になります、



H&MとZARAの間のスペースにはノースモールから「靴下屋」が移転オープンしました。



そしてこの2階は今後どのように変化するのか。大きな区画をそのまま活かして次の大型店を誘致するのか、それとも区割りを行なってより多くのブランドを集めるのか。次の展開が楽しみです。



センターストリートの芝生スペースは多くのファミリーで賑わいを見せていました。屋内にこうした広場が無かったumieには貴重なスペースが誕生しました。



来年で10周年を迎えるumie。もうハーバーランドがかつて失敗した街として語られていた事は過去の話になりました。あれだけ槍玉に挙げられていた動線のまずさですが、結局は供給されるコンテンツのミスマッチが招いていた事が主な要因だった事が証明されました。一番駅から遠いはずのモザイクが最も人気を集めていた事が全てを物語っていました。三宮・元町に対抗する第三極は次の10年でどんな進化を遂げるのでしょうか。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. 水泳男子 より:

    記事と関係ない話で申し訳ありません。
    元町駅と大丸の中間にあったスタバと新生?銀行後(一貫楼のすぐ南側)ですが、中は見えませんでしたが、何か工事をしている様です。

    特に、掲示板がないので新店舗がオープンするかは不明ですが…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です