三宮

神戸ダイヤモンドビルにバーバリーが開業 三宮町1丁目も新規開店が相次ぐ



旧居留地・大丸神戸店の東側にあるオフィスビル「神戸ダイヤモンドビル」。これまで1階には三菱UFJ銀行が支店を構えていましたが、上層階に移転して空中店舗化したのを機に大丸神戸店が1階を借り上げて、高級ブランドブティックの誘致を図る計画をスタートしました。



ビル東角には三菱UFJ銀行のATMコーナーが残りました。



長期に渡り、竹中工務店が施工でファサード改造工事が行われていましたが、まずは東側の店舗区画が完成し、ブランド店が開業しました。



開店したのは、BURBERRY(バーバリー)。同じ旧居留地内の神戸興和ビル1階に構えていたブティックをこの場所に移転開業する事になりました。



旧居留地と三宮町の境界線となるこの通りにはこれまで何故か高級輸入ブランド店は殆ど存在していませんでした。



バーバリーの開店をキッカケに今後はこの通りのビル1階にも色々な出店の動きがあるかもしれません。



ダイヤモンドビルの西側区画についてはまだ工事が進行中です。こちらにはどんなブランドが出店するのでしょうか。



コーナーから明石町筋に掛けての区画となり、これより南にはグッチ、ルイ・ヴィトン等が連なるので、これらに匹敵するブランドが誘致されるのではないかと思われます。



工事予定は月末までなので、まもなく仮囲いも撤去されて、装いを新たにしたファサードがお目見えする事になるでしょう。



明石町筋を挟んで大丸神戸店。ここ最近はこの本丸周辺に著名ブランドの店舗を再集積させる方向に動いている傾向があります。



大丸が確実に警戒しているのは、神戸阪急の動きでしょう。エイチツーオーに譲渡されて以来、あまり目立った動きを見せていなかった同百貨店が、遂にターミナル店としての機能を発揮する為の大改装・リニューアルを実施し、話題性・集客力の高いテナントを集めています。大丸神戸店が独占していた売上の一部は神戸阪急に流れる事は必至でしょう。大丸は今後、どのように対応策を練ってくるのでしょうか。



大丸前の小規模テナントビルでもテナントの入れ替えが進んでいるようです。



三宮中央通りでは、ダイワロイネットホテル三宮中央通りの1階に「TREK Bicycle神戸三宮」が8月26日にオープンしました。



当初はコンビニの開店が予定されていましたが、異なる物販店の路面店開店となって良かったと思います。



2階にはイタリアンレストランも営業しており、この建物は満室稼働に至りました。



テナント誘致にやや苦戦しているのは、通り向かいの関電不動産神戸三宮ビルです。竣工から半年経ちましたが、1-2階の店舗区画にはまだ1区画もテナントが決まっていません。



しかしながら通り西側の区画で内装工事がスタートしました。物販及び飲食店の開店が見込まれます。スイーツ店等がオープンすると、通りのにぎわいに貢献するでしょう。

オフィスフロアについても空きフロアがまだ多く残っていますが、幾つかのフロアで立て続けにテナントが決まったようで、4フロアが埋まりました。今後も都心エリアでは新規でオフィスビル建設が続く予定ですが、今後の空室率と市況の動向に要注目です。

関連記事
旧居留地

旧居留地・三共生興スカイビル解体撤去工事 地上躯体は姿を消す 土地は他社に売却完了跡地には大学都心キャンパス誘致が有効?

2021年9月25日
こべるん ~変化していく神戸~
江戸町筋に佇んでいた複合ビルの三共生興スカイビルは三共生興から不動産会社の都市環境開発社に売却され、昨年10月に閉館しました。その後 …
New Open

劇場型アクアリウム átoa(アトア)に行ってきました!108枚で余すところなく綴る神戸のウォーターフロント最新観光スポット 新港町周辺の賑わいの起爆剤に

2021年11月8日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸のウォーターフロント最新観光スポットとなったKPM・神戸ポートミュージアム内の中核施設である劇場型アクアリウム「átoa」に行ってき …

POSTED COMMENT

  1. h より:

    関電不動産神戸三宮ビルには中央区初進出などの中央区にはないテナントに入ってもらいたいものですね。

  2. 近隣住民 より:

    このビルの西側部分の仮囲いですが写真にも出ててる工事看板に門型フレーム工事と書いてあり、どうも構造補強工事のようです。バーバリー店舗部分の工事している時も同様な看板が出ていてそれが終了後は「ファサード改修工事」と工事名称が変わり3か月ほど仮囲いそのままで工事をしてましたから東部分の仮囲いが取れるのは来年になってからではないかと思います。
    大丸神戸店はルイヴィトンに続きバーバリーなど旧居留地の既存ブランド店舗を本館近くに配置させてますが旧居留地トータルの賑わいはあまり考えてないのかもしれません。数年前に本館内に移転したDiorはその後も空き店舗のままですし。ルイヴィトンの旧店は壁面に「入居者募集」の看板が出てますから後続店舗が決まってないようです。バーバリーの旧店舗はどうなるんでしょう。大丸の力で神戸初出店の高級ブランドを呼び込んでほしいです。

    大丸本館北向かい側の小規模ビル改修工事は以前からあるチョコレート店のリニューアル工事のようです。

    ついでですがトアロードBAL向かいにあったBarbourが今年2月頃に代理店契約終了により閉店しましたがその後も店名サインがそのままで内照式の壁面店名は照明さえ点いています。最近代理店が決まったという記事が出てましたから引き続きこの店で再オープンするのかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です