こべるん ~変化していく神戸~
日新信用金庫建て替え計画

日新信用金庫神戸支店新築工事 鉄骨建方完了 仮設工事が進行中



鉄骨建方が完了した日新信用金庫神戸支店ビルの建設工事。建物全体を足場が覆い、養生ネットのベールに包まれる寸前です。



中央幹線に面した正面は足場設置の為に仮囲いから簡易フェンスに切り替えられています。その為、1階内部が観察し易くなりました。



1階の鉄骨の柱は鉄筋がで覆われています。1階のみはSRC造で耐震性を高めています。両サイドには柱の間にブレースを各フロアに入れて更に地震に強い建物になっています。



ファザードの見上げです。一部が既に養生ネットに覆われていますが。この透過性ならば内部が見えるので、アルミカーテンウォールの取付作業が確認できる筈なのですが、やはり更に目の細かいネットで覆われてしまうのでしょうか。



デッキプレートの取付もほぼ全フロアで完了しているようです。



2列分、足場の無い場所があります。1列は作業用エレベーターを設置するのかと思います。



いつ見ても街の連続性を作り出す事に寄与するこの計画は景観面での貢献度も高いと言えます。これが自社の店舗機能のみに留めてしまっていたら3階程度になっていた恐れもあります。



西側からはポートライナーの高架軌道が遮ってしまい、あまり存在感を示していません。今後の作業は足場内工事になるので、その進捗をお伝えできるのかどうか。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です